成美(こぶし)という人。【日本デザインスクール他己紹介】by阿部真澄

 

【デザスクの美人講師をご紹介します】

デザスクは美人講師ばかりですが、私の推しメン、いえ推し講師を今日はご紹介します。

彼女の名前は成美、コードネームは「こぶしちゃん」通称「こぶちゃん」。
コードネームがつくほどの美人、と思っていただいて結構です。
なんといっても初見でチャットワークのアイコンを拝見して講師より講師じゃないか!!の美貌と品格を持ち合わせた、こぶちゃん。
初めてお会いした時、南国美人ばりのお顔立ち+沖縄に住んでいたので、てっきり島人だと 思っていました→普通に宮城県出身でした笑
こぶちゃんの美しさは、外見だけではありません。

言葉の魔術師で、どんな人もあれよあれよとファンになる。
私の心にカメラ仕込んであるんですか、と思えるほどタイミングよく受講生さんがチームで利用するチャットワークにコメントがさりげなく入る。
これは!必ず秘密があるはず・・・!
そう思った私は、恥ずかしがり屋なこぶちゃん(美人さんてそうよね)にねほりんはほりんお聴きしました!!

こぶちゃん、この美しさになるために、やはり相当な努力をされていました
それは、「修行」とも言えるんじゃないか?と思えるほど「悔しさをバネにする」道のり。
そしてその奥には、運命的な出会いの旦那様への想い、 自分がどう生きたいか、をじーっと見つめ続けた10数年の社会人生活があります。

【一流の飲食業界に華麗にデビュー】

こぶちゃんの社会人1年生は、あの有名な「ワタミ」。
社長に惹かれて入社しました。
そう、デザインとは無縁。
なぜなら、こぶちゃんには「パソコン苦手」という大きな壁があったのです!

一流の飲食業界で働きながら、ビジネスセンスも渡辺社長から学び働く中で、運命の出会いがあります。

旦那様♡

実は、旦那様とはフロア違いで同じワタミで働いていたのです。
(「居酒屋 和民」と「わたみん家」)飲食店で働いたことがある方はピンときたかもしれませんが、氷が足らない、ビール発注しすぎたー!等々で、 他店舗間移動って助け合い運動的にある訳です。
こぶちゃんと旦那様も、↑のやりとりで顔見知り。

ある日、旦那様がこぶちゃんの前に「紙」を差し出しました。
こぶちゃんは発注書かな?またビール借りに来たのかな?と思って 紙を開くとそこにはなんとなんと!!

「もし地方から出て来たばかりだったら、 ぼく神奈川出身なので案内します」

と書かれていたー!ラブレターやーん!
今でも、その「紙」は 大切に残してあるそうです♡
旦那様は、結婚前から「IT業界へ行きたい」こと、「人生の目的は、大切な人と沢山の時間を確保したいから仕事をする」と話していて、こぶちゃんも同じ気持ちでした。

…IT業界へ行くこと以外は。

旦那様はその言葉通りにIT業界へ。
こぶちゃんは「好きなことで生きていく」というフレーズに魅力を感じた、 青年実業家という組織に入って(年齢制限越えてるところ交渉して!)苦手克服のためIT の勉強をはじめ、居酒屋POPダウンロードサイトを立ち上げます。(その間は洋服の青山でバイト)
でもどうしてもネットのコンテンツ作りが好きになれずに、 「できない自分」を責め続けて挫折します。

【エステティシャンこぶし】

さて、挫折中のこぶちゃんをふるいたたせたのは、高校生時代から憧れていた「エステ業界」に入りたい!という気持ちでした。
ここなら、私は変われる。きっとやっていける。好きだもの。

ところが…

きらびやかな外見とは裏腹に、職人気質・実力主義な業界で、こぶちゃんはどんどん追い詰められます。
寝るだけに家に帰る生活、厳しい労働環境、ノルマに追われる日々。

「好きなことで生きて行くって、何だろう?」

ーーそんな自問自答が、頭の中でぐるぐるして、こぶちゃんはとうとう、全身蕁麻疹になり、ギブアップ。
身体は正直なのですね。
身体が、蕁麻疹を出すことでこぶちゃんにやっと自分を許してあげなよ、のサインを伝えてくれたんだろうなぁと思います。

不幸中の幸い、とでも言いましょうか。
こぶちゃんはこのエステ業界で、自分の成長を発見しました。
それはあんなに苦手で逃げて来たITスキルがとても身についていたこと!
実は入店したお店がとてもアナログで、こぶちゃんがパソコンを駆使して業務改善してたんだとか!

【2度目の挑戦 SEOの会社へ!】

あれ!私ITできるようになってる!
ということに気がついたこぶちゃん、エステ業界から卒業してこれまた何とSEOの会社に入ります。
しかも「アルバイトからお願いします!」ってどれだけ気合入ってるのこぶちゃん。

前回得たITスキルを駆使して、こぶちゃんはメキメキと組織に必要なメンバーになって行きます。
そんなある日、チームプロジェクトメンバーに選ばれて、こぶちゃんが得た任務はやったことのない「デザイン」でした。

キター「デザイン」!!

photoshop もIllustratorも初めてのこぶちゃんを待っていたのは

「必殺 ある日突然 チャットワークチームメンバー外し」!!!

必殺としか思えません…
前日まであった机が、翌朝なくなっていたのです。
こぶちゃんはその時のことをこう巡らせています。

「仕事はめちゃくちゃできる人たちだったけれど、 人間的に人に配慮できるレベルが低かった」

大人すぎます…こぶちゃん。
このチャットワークメンバー外し事件でかなりのダメージを受けた後、 1ヶ月は頑張って仕事に出向いたこぶちゃん(それだけでも尊敬。私ならその日から会社行けないです)
ついに、混み合う電車に乗れない「パニック症候群」になります。
数回めの挫折。

【デザインは楽しい。学べば私でもなんとかなるかも】

傷心のこぶちゃんをまたうるい立たせたのは、

「デザインは楽しかったな。ちゃんと学んだら、できそう」

という不屈の精神。
大手デザインスクール(デザスクとは別の学校です)に入学します。
そこでこぶちゃんは、コーディングができるようになります。
そう、多くのデザインスクールの落とし穴・・・。

「コードは書けるが、デザインができない」

そして自由な校風と基本的に学びは個人で動画レッスンを視聴し、 一人で実践というシステムに「孤独死」を味わいます・・・。
実り実感値が低いまま卒業しましたが、「未経験WEBデザイナー募集!」の制作会社に正社員として晴れてご入社です!
ただ、配属されたのはデザイナーじゃなくてディレクターというポディションでした。

制作会社は元から美大などをでた方がデザイナーとして在籍しており、最初からデザイナーで就職することは、せまーき門なのです。
ここでこぶちゃん、仕事が終わってから、夜な夜な会社のPCでなんと1年間ずーーっとトレースをひたすらやり続けました。(ちなみにWindows)

1年て。尊敬しかない。

どうしてそれが継続できたのか?とお聴きすると、

「もともとできないベースなので、やり続けてたら、 ダメな私でもいいって言ってくれる人がいるかもしれないから」

「絶対デザイナーになりたかったんです」

この考えは、社会人1年生で入社したワタミで得た 「24時間、365日働け」 言葉は強いですが、常に仕事を意識して結びつけて考えてみよう、という事だそうです。

こぶちゃんの「自信がない私」とワタミの「行け!」が融合して、 こぶちゃんの

「やってみよう。やってみてダメだったらまた考えたらいい」

意識が出来上がりました。
ついに1年後、ずっとコツコツ練習していたこぶちゃんを見ていた上司から 「デザイン、やってみる?」の声がかかり、こぶちゃんは晴れてデザイナー兼ディレクタ ーになりました!!!

もっと上手くなりたい願望が出てきたこぶちゃんは ついに、デザスクの門を叩きます。

そのあとの華麗な経歴は、 こぶちゃんに実際会って聴いていただきたいです♡
とても会いたくなった事でしょう。
会うとさらに魅力に気がつくと思います。

【やっぱり好きな事で生きていく】

20代からずっと、こぶちゃんは自分を認めることが出来なかったと言います。

「苦手をあえて取って克服していく」

人生は、 こぶちゃんの不屈の精神、土台にある

「好きなことで生きて行きたい」 想い

人生の目的、だからこそ人の痛みがわかることに繋がっているんだな、としみじみ感じました。
そして、こぶちゃんが美しいのは、 自分と常に向き合って、ぶち当たっても違う角度から物事を捉えてこぶちゃんらしさを追求しているから。

本当に優秀な人は、人間もできている。

デザスク美人講師推しメン、こぶちゃんのご紹介でした♡
現場からは以上です!

こぶちゃん先生ってこんな人!受講生からの声

▼金世求(せぐ)さんより

僕の担当講師はこぶし先生でした。この人を一言で表すと「愛の鉄拳」です。こぶし先生は物凄い愛でご指導してくださいます。もちろん簡単には答えはくれないしわざと難しいことを要求してきます。でも後々これが凄く成長につながりました。そして、指導の仕方が物凄い的確でわかりやすくどんどん吸収していき成長が感じられました。この愛の鉄拳で僕たちのチームは全員最後まで課題を完無事成させることができました。こぶし先生はとても面白くているだけでその場が明るくなります。そしていつも本気で生徒と向き合ってくださいます。それが生徒にとっては何より嬉しかったです!
だから、こぶしさんのチームになったらどんどん吸収して成長していってください!

▼加藤咲紀(さっきー)さんより

私の担当講師はこぶし先生でした。最初にお名前を見たときは、こぶし先生って拳先生…?と思ってしまったのですが(笑)実際の先生はとても気さくでチャーミングなお方です!プロの目線で的確なアドバイスをくださいます!改善すべきところも優しく指摘してくださるので、添削会も明るい雰囲気で楽しく参加できました。
こぶし先生は私たちが自分の頭で考えられるような指導をしてくださるので、答えが欲しいなぁと思ってしまう事があるかもしれません。でも講座が進むにつれて、それがすごく愛のある指導だとわかり、感謝の気持ちでいっぱいです。おかげで右も左もわからなかった最初と比べものにならないくらい成長できました。
これから受講される方でこぶし先生のチームになった方は、安心して先生について行ってください!そうしたら気づかないうちにすごいところまで行けますよ!!

▼深津由佳(ふかつん)さんより

私の担当講師はこぶし先生でした。本名は知りません。こぶしちゃんはとても可愛くて、明るくて、優しい先生です。多分どの講師の先生方もそうなんだと思いますが、自分も経験しているからこその寄り添い方があると思います。こぶしちゃんは「実際仕事だったら」と言う視点を常に持って接してくれていました。どいう姿勢を持つかということは、仕事にしていく上ではとても大切な視点なので、甘えのある自分と向き合うきっかけをいただけたと思っています。心根がとっても優しいので、こぶしちゃんに当たったらラッキーと思って頑張ってください!私はとても楽しかったです!

▼酒井匠海(チャン)さんより

こぶし先生は初めほんわかな印象で優しい雰囲気の方でした。課題の添削では初めは褒めて伸ばしてくださるタイプかと思いましたが、課題が進むにつれてビシッと指摘して下さるところもありそのメリハリが成長に繋がったと思います。また、課題の進行に合わせて指摘もしてくださるので、それぞれ個々の問題点がわかりやすく、その問題点をクリアすれば次レベルといった感じで楽しく課題を行うことができました。
こぶし先生は現役のWebデザイナーということもあり、業界についてのリアルな情報や、課題が中頃に入った頃には「こぶし秘伝のタレ」といった自身の培った知識を惜しげなく教えてくださったこともあり、転職でWEBデザイナーを目指していた自分としてはこぶし先生に指導して頂けて本当に感謝しています。
次にお会いするときは自分もWebデザイナーとしてお会いできるよう真摯に活動していきたいと思います。
短い間でしたが本当にありがとうございました!!

▼高柳藤子(ふじこちゃん)さんより

こぶしさんこと曲木成美さんは細部までチェックすることを教えてくださいました。
指導も的確で動画以上に理解しやすかったです(笑)
丁寧に受講生と向き合って下さります。
動画でも教えていなかった厳密なチェック方法を解りやすくて助かっています。
とても気さくで話しやすく、彼女と話していると時間がたつのを忘れてしまうほどです。
彼女のはモヤモヤを話すと必ず心のつっかえも外れて気持ちが良いものです。
彼女の人柄と指導力のおかげもあって私たちのチームは誰一人として欠けることなく無事に卒業を迎えることができました。
こぶしチームでよかったです( ^^) _旦~~
本当にありがとうございました★

 

まずは業界のことを知ることからはじめよう!

※ゼロイチ入門編2月生(51期)の【申込締め切り】は、1/25(月)

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」