【ゼロイチ支部会5月レポート】ゼロイチCLUBより|全国交流会を開催しました♩

【静岡&名古屋支部】交流会レポート by 支部長ミュウミュウ:5月2日(土)

 

静岡支部長のゆみです♪静岡支部にとっては発足後2度目の交流会です。名古屋支部の方々が合流するということで緊張気味でしたよ。

開始時刻15:00に参加したのが静岡支部長の私と、名古屋支部員であり海外支部長を務めるマミぃさんと2人でスタート。少し遅れて静岡のやらっち、名古屋支部長のリッキーさんが参加してくれました。これで静岡2人、名古屋2人となり、良い感じの割合になりました。

【住んでいる地域の話題】

まずはみんなどこに住んでいるのか?に始まり、浜松の人って、形容詞の頭にすぐ「ど」を付けるよね、という地元の方言の話などで盛り上がります。私も身に覚えがありすぎです(汗)。
~例~「ど美味(うま)い」=すごく美味しい、「ど嫌(いや)」=とても嫌だ

このあたりから静岡支部のよっちゃん、安齋さん、みっこさんが参加してくれました。

【次の話題はやはりコロナ】
そして話題はコロナへ。最近では「コロナの影響どう?」という話題は、日本人が挨拶のときに天気の話をするのと同じくらい、当たり前になってきていますよね。各地の様子はというと…
●静岡市の様子はマスクしている人多いし、人も少ない
● 私の住んでいる浜松はウォーキングしている人が増え飲食店も閉まっているのでスーパーのお客さんが増えている
●豊橋では釣り屋さんが盛況だという話も。
●バンクーバーも日本より早く緊急事態宣言がされていて今も続いているので、むしろ今の状況を楽しんでいる人が増えているという話。
現場からは以上です(笑)

【ホームページ作成ツールについて】
みなさんWEBデザイナー講座をとっているだけあって、やはり話題はワードプレスやWix、スクエアスペースなどの話や集客の話も当然出てきます。

「ワードプレスの時代は終わった」と言われている話を私初めて聞いたんですが、では次に来るのは何だろう?日本ではまだワードプレスが多いですがそのうちなんかまた新しいのが出てくるんでしょうか。

私も最近ワードプレス自分用に立ち上げましたが、わからないことをQ&Aチャットに質問たら、英語で返ってきて疲れました(なんとか解決できましたが…)。

でもこういう何気ない会話から情報交換ができることが、交流会の良いところですよね。立ち位置がみんなかなり違うので、色んな人の視点から意見を聞くことができるメリットは大きいです。

【海外の話題】
最近バンクーバーでニュースになった、「日本のヤクザがタイで逮捕!その驚くべききっかけとは?」(タイトルは私が勝手に考えました)という事件の話を発端に、海外の個人情報取り扱いの話へ。

アメリカへ渡航するときに書く入国申請書にフェイスブックのアドレスを書く欄があって、書くとアメリカ情報局のデータベースに紐つけられるとか、中国の深圳の入国の際に指紋全て採られる上に、置いてあるクマのぬいぐるみにカメラが仕掛けてあって顔データもロックオンされてしまうだとか。ホラーサスペンス並みの怖い話が出てきます。日本がいかに安全か思い知らされる次第です。

ちなみにニュースのヤクザは芸術的入れ墨が目立って、タイの地元民が写真撮ってフェイスブックにアップしたことがきっかけで、日本警察が動いて逮捕に至った模様。このヤクザさん、小指がなかったというので、過去にオトシマエをつけたことがあるのでしょう。

【今後の交流会でやりたいこと】
静岡通のリッキーさんが提案してくれました!

静岡に住んでいる私たちより、遊べるところをたくさん知っているようです。パラグライダーの提案ありましたが、私高所が苦手なものでだめなんですよ。もう一つの提案ですごく興味があったのが、

「ふくろうがいるツリーハウスでキャンプ!」。

何それ??私聞いたことない…、めちゃ気になる!!

これはなんとかぜひ実現させたいですね。静岡支部メンバーのお子さんとかも連れてったりして、みんなで行けるといいなぁ。やりたいことリストだけたまる一方なんで、コロナ禍ほんとに早く収束するといいですね。

以上、5月の静岡支部の活動でした☆

まずは業界のことを知ることからはじめよう!

※ゼロイチ入門編11月生(48期)の【申込締め切り】は、10/25(日)

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」