【現役大学生が社会人にインタビュー第3弾!】WEBディレクター編

こんにちは。現在大学4年生、日本デザインインターンのもえなつです。

大学生の私から、社会人へのインタビュー企画第3弾!
▶第1弾WEBデザイナー編はこちら!
▶第2弾WEBライター編はこちら!

仕事って楽しいの?どんなことがモチベーションになってるの?この仕事に就いたきっかけは?など、仕事にまつわる気になる疑問を、社会人にお聞きしていきます!

今回インタビューに協力してくださったのは、株式会社日本デザインに創業初期から関わってきた、加藤さん!

当時の日本デザインスタッフはたったの二人。社長と久保さん(デザインスクールを立ち上げ、講師も務めるWEBディレクター)しかいませんでした。そんな何も無いような状態の会社に、スキルゼロ・社会人経験ゼロにも関わらず働くことになった加藤さん。

今では、デザインスクールの講師だけでなく、動画講座といった新たな事業を立ち上げたり、ディレクション業務や会社の中核を担う業務まで、若干25歳ながら様々な分野で活躍しています。

地方出身ならではの、時々出る香川弁がホッコリする日本デザインの貴公子です。

そんな加藤さんから、学生時代に騙されちゃった話や、仕事をする上での考え方など、面白いお話をたくさんお聞きすることができました!

進路に悩んでいる学生さんや、今の仕事に満足していない社会人の方にも、考えさせられるような内容になったのではないでしょうか。

それでは、インタビュースタートです!

 

1日12時間勤務!?

もえなつ
普段の仕事内容を教えてください!

カトウ
たまに動画、たまに制作、たまにディレクション、たまに事務。

もえなつ
働く時間はどんな感じですか?

カトウ
日によって様々なんですけど、今日は9時半に来て、いろいろやって、22時に終わります

もえなつ
22時…!

カトウ
これだけ聞くとブラックって思っちゃうんですけど、19時以降はスクールの講座をやってます。好きなことセミナーとか、動画講座とか。
これはまだ収益にあまり結びついていないものなので、時間外にやらないとかなあって。なので夜とかにやってます。

もえなつ
週5以上仕事してますよね…?

カトウ
3連休も全部なにかしらやってました。

もえなつ
それはお給料が…??

カトウ
(出ません)

もえなつ
あっ…(心の声が聞こえた)

カトウ
でもそれは全部自分でやると決めたことなので。

もえなつ
やれと言われたからではなく。

カトウ
自分で選択してやっていることなので。

もえなつ
満足はしている?

カトウ
んー、まあ、しょうがない。笑
けっこう前に、この日に動画講座やろうとか決めちゃって。日が近づいてきたら、あれこの日3連休じゃんって気付いたりとか。でもやっぱ自分で決めたから。

もえなつ
しょうがない。

カトウ
3連休もちゃんと、イオン行って遊びましたから。

もえなつ
イオン?!田舎者じゃ

カトウ
レイクタウンですよ!広すぎて回れな(略)

 

騙されたことがきっかけでWEBの世界へ

もえなつ
どうしてこの仕事を選んだんですか?

カトウ
最初になったWEBデザイナーは、まあ40万もかけちゃったから。笑

もえなつ
なんでかけちゃったんですか?笑

カトウ
なんでかけちゃったかというと、騙されたから。

もえなつ
なんで騙されたんですか?

カトウ
なんで騙されたかというと、就活で悩んでたときに、TwitterのDMで、某有名大学の人から、就活の話しようって言われて、チャンス!と思って話しに行って。

そしたらWEBが大事なんだよ〜って話をされて、学ぶにはここのスクールしかない。ここで学ぼう。決断は早いほうがいいよって言われて。それで入っちゃって。

入ったけどデザインできるようにならなくて。でも自分の人生で一番高い買い物だったし、40万もかけちゃったから、WEBの道で行かないと悔しいなって思って。この業界でやっていこうって決めた。

もえなつ
そもそも就職活動でそんなに悩んでたのはどうしてですか?どういうポイントで仕事選びをしていましたか?

カトウ
まず、大手よりも小さいところがいいと思っていて。大きいところに行くと歯車みたいな感じになりそうだなって。でも小さいところに行くためのスキルがないから、どうしようって思っていて。

夢はでかいけど何も持ってないやつだったので、スキルつけんと!って思ってた。

もえなつ
就活始めてからそういうことを考え出したんですか?

カトウ
そう。最初は大学の就活ガイダンスに行って、ES対策とか、プレエントリー80社してとか、そういうのを聞いてやってたけど、ああこれ時間の無駄やなと思って途中から。
それで一切やらなくなって。逆求人のサイトだけ登録してた。

それ以外の時間は全部自分のやりたいようにやってた。

 

仕事は楽しい!(即答)

もえなつ
仕事楽しいですか?

カトウ
楽しいです。

もえなつ
どんなときに楽しいって思いますか?

カトウ
いつも。

もえなつ
つらいときはないですか?

カトウ
最初の方はやっぱり、デザインが出来なくて、何ヶ月もかかることとかザラにあったんですよ。それはつらかったです。

もえなつ
それはどうやって乗り越えたんですか?

カトウ
教えなきゃいけない環境になっちゃったんで。もうやらざるを得ない。
教えるってことは、自分が出来ないといけないから。

もえなつ
10教えるには100わかってないといけないですからね。

カトウ
そうそうそう。

 

面倒くさい作業も楽しくなるように工夫

もえなつ
仕事をする上で心がけてることとかありますか?

カトウ
誠実に。

もえなつ
誠実に仕事をする。

カトウ
大事じゃん。笑
誠実さっていうのが僕は一番…好きなので。笑


もえなつ
どんなモチベーションで働いてますか?

カトウ
なんでも楽しんでやる。面倒くさい作業も、いかに正確に速く終わらせるとか、タイムアタックにしてみる。そうやって飽きないように。

もえなつ
どんな仕事でも楽しくこなせるように工夫してるんですね!

 

目標を言い合える人が支えに

もえなつ
どんな働き方生き方に憧れますか?目指してるとことかありますか?

カトウ
憧れは、やるときやって遊ぶとき遊ぶっていうのが好きで。
父親もそうだし、僕が中学校のときの塾の先生もそうで、その二人が憧れです。

二人とも、やるときはしっかりやって、すごい心もおおらかで、お金も稼いでる。
いつでもご飯とか奢ってくれるし、かっこいいなあって。

もえなつ
そのために実践してることとかありますか?

カトウ
目標を決めて、その二人には目標を伝えて、達成したら報告してます。

もえなつ
なるほどー!有言実行。言ったら逃げられない。

カトウ
そうそう。言ったからには。

もえなつ
自分を追い込む。

カトウ
それと、その中学校のときの塾の先生とめっちゃ仲いいんですけど、その人も目標があって。塾だから、全員志望校合格させるっていう目標とか。

たまに電話するんですけど、お互い目標を言い合って、頑張ろうぜって。そういう環境があるから、ああ最近あんまり頑張れてなかったけど頑張ろうと思えたり。

もえなつ
この人が頑張ってるから俺も頑張れる…!っていう。一緒に頑張れる人がいるって素敵ですね。

 

何も出来なかった自分が、今では羨ましがられる対象に

もえなつ
これまでの仕事の中で良い経験になったなあってことはありますか?

カトウ
一番最初の頃は、力がなくてもいろいろしなきゃいけない状況だったから、いろいろ経験できたのが良かった。

WordPressもいじれたし、フォームとか簡単なことでも、ふつう作らんやん。そういうのも覚えられたし。スキルなかったけどいろいろやらせてもらえたので、ゼロの状態からいろいろ学べたっていうのが一番良かったですね。

もえなつ
なにも無い状態の会社に入れたことが良い経験になった。

カトウ
ふつうだとお金払って学ばなきゃいけないことを、最初のうちに経験できて、そこからなんとなく流れがわかってきて、自分でいろいろ調べたりとかして、どんどん知識が増えていった。それが良かったですね。

カトウ
あと、画面に出るっていいよね。

もえなつ
自分の作ったものが。

カトウ
もえなつもWEBサイト作ったじゃん。あれプログラミングだけ学んどっても、傍から見ても、ん?ってなるじゃん。裏のことなんてわかりもしないし。

デザインって表に出るものだから、友達にこれ作ったんよとか見せたら、めっちゃすごいやん!とか言ってくれたり。そういうのが最初は楽しかった。とりあえず見せる。

もえなつ
どや〜って。

カトウ
そう。なにもなかったから。逆に高校のときも、周りのみんなは頭良かったけど、俺は頭いいわけではなかった。

でも今はこうして昔の友だちの飲んだりすると、羨ましがられる。お前なんでそんな仕事楽しそうなん?って。
そういうときに、ああこの業界で良かったなって思います。

もえなつ
大成功ですね。

 

すべてのことに意味があった

もえなつ
学生時代の自分に伝えたいことはありますか?

カトウ
もうそのまま進んでいいよー。

もえなつ
今が最高だから。笑

カトウ
とりあえずなんでも経験だと思って、後悔しないように自分の決めたことを進んでればなんとかなるよって。そのままいけって。

もえなつ
もっとこれやっておけばよかったとかは、あんまり思わないですか?もうこの道だったからこうなったんだなって感じ?

カトウ
そうですね。お金貯めろーって。親孝行しろーって。笑


もえなつ
学校で学んだことは社会に出て役に立ってますか?

カトウ
立ってますね。誠実に、何に対しても。すべてのことに意味があるから。

スクールに行ったのも意味があったし、ここに来たのも意味があるし。壁にぶち当たっても、逃げたら何も変わらない、これを乗り越えるためにどうするのかっていうのは大学で学びました。

人間性とか。授業の内容は全部もう忘れたけど、私生活とか、そういうところで、ぶち当たったときに逃げんなって。

もえなつ
逃げないことを学んだ。

カトウ
うん。授業の内容は、覚えてない。

もえなつ
内容は役には立ってないんですね。笑
学校を通してあった経験とかが役に立ってる。サークルとかバイトとか。友達とか。

カトウ
そう。

 

仕事とは遊び!

もえなつ
加藤さんにとって仕事とはなんですか?

カトウ
遊び。

もえなつ
お?

カトウ
仕事が遊びになれば、幸せじゃん。

もえなつ
たしかに。

カトウ
趣味って言えるくらい、好きになりたい。

もえなつ
今はそうでもない?

カトウ
趣味って言えるほどではないから。趣味はバスケなんで。

もえなつ
でもオンオフ切り替えたいってさっき言ってましたよね?

カトウ
そう、今は切り替えたいんだけど。でも久保さん(日本デザインスタッフ)とかね、切り替えとかないじゃないですか。まあ願望も込めて。
仕事が趣味になれば、楽じゃない?

もえなつ
仕事も楽しい、趣味も楽しい、生きるの楽しいってなりますね。

カトウ
ということで、仕事とは、遊びです。

 

インタビューしてみた感想

日々多すぎるほどの仕事をこなしながらも、成長意欲を忘れず、常に前向きな加藤さん。
WEBスクールにまんまと騙されてしまったところから始まり、偶然の重なりで日本デザインと出会い大成功している姿をみていたら、人生何が起こるかわからない!と感じさせられました。

やる気の出ない仕事をする際の工夫など、加藤さんならではの方法も教えて頂くことができました。私もぜひ実践してみようと思います。


これからの進路に悩む大学生の私が、社会人として働く三名の方にインタビューをさせていただきました。

「働くって楽しいの?」「どんな風に進路を選べばいいの?」そんな疑問を持ちながらのインタビューでしたが、自分が社会人となったとき、私だったらどう答えるだろうと想像するのも楽しかったです。

三名それぞれ働き方も考え方も様々で、そんな疑問への答えは、人の数だけあるのだと気付かされました。
いつか私が学生からインタビューを受けたとき、胸を張って自分の働き方を語れるような、そんな生き方をしたいなと思います!

インタビューに協力してくださったみなさん、ありがとうございました!!

 

▶WEBデザイナーとしての加藤さんをもっとよく知るインタビューはこちら
【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】徹底解説第2弾!

▶現役大学生が社会人にインタビュー企画!
【第1弾】WEBデザイナー編はこちら!
【第2弾】WEBライター編はこちら!

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です