転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

こんにちは!日本デザインスクールインターン生の”遠ちゃん”こと遠藤歩です。
突然ですが、皆さんは今の生活に満足していますか?

・仕事がつまらない
・収入が少ない
・時間がない

皆、いろんな悩みを抱えて生活していると思います!
かくいう私も悩みを抱えていました。
大手食品メーカーに勤め5年…..収入はある程度安定していて、
趣味の時間も確保出来ているので、周りからは何が不満なんだ?と言われます。

しかし今の時代、大手企業でもいつ倒産してもおかしくない時代です。
例えば、大手老舗電機メーカー”NEC”は事業悪化で社員の大規模リストラを行いました。
自動車の安全部品を製造する”タカタ”は2017年に負債額1兆円を超えて経営破綻しています。

そして、私が勤めている会社も20年間市場価値が右肩下がりの状態です。
もうすぐ30間近の歳になる私が、もしも10年後、
経営危機でリストラされたらどうなるでしょう?
私は考えました。今勤めている会社1つにすがるのは危険なのではないか?と。

そんな中で知ったのがWebデザイナーという仕事でした。
Webデザイナーは需要に対して、数が足りていない職業の1つだと言います。
また、手に職をつけられる為、パソコン1つあればどこでも働ける
自由な働き方が実現出来ます。

転職、フリーランスはもちろん、今の仕事を続けながら
副業として働くことだって可能です。
将来の不安と自由な働き方ができるという期待から、
私はWebデザイナーになるしかない!と考えました。

しかし皆さんの中では
「Webデザイナーになるって大変そう」
「資格はいるの?」
と思っている方も少なくないと思います。

でも大丈夫!Webデザイナーは年齢関係なく誰でもなれるんです。
しかも学び方さえ間違えなければ、2ヶ月程でスキルの習得が可能です。

え、2ヶ月で?と思う方も多いかもしれません。
ですが、本当に2ヶ月でなれるんですよ!
どうですか?それなら勉強してみようかな!と思いませんか?

今回は、皆さんに少しでも希望を持ってもらうために、
Webデザイナーの仕事内容から必要なスキルの習得方法まで
自分なりに詳しくお話していきたいと思います。

それではまずはじめに、Webデザイナーの仕事内容について見ていきましょう!

Webデザイナーってどんなことをするの?

 

転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

Webデザイナーの主な仕事内容は、クライアントから依頼された広告バナーやWebサイトのデザインを担当することです。

私は数ヶ月前まで、広告バナー?何それ??Webサイトを作る!?めっちゃ難しそうじゃん!
と言ってたくらいレベルが低かったのですが、今では、
バナーやWebサイトが普通に作れるようになるまで成長し、
それが自信に繋がったことを忘れません。

誰でもちゃんと学べばスキルの習得は可能なので、自信を持って学ぶことが重要です。
それでは具体的にWebデザイナーは何を学べば良いのか?これについて説明していきます。

まずはPhotoshopを使ってバナーを作ることから始めよう!


広告バナーの制作によく使うのが”Photoshop”というツールです。
”Photoshop”は、写真の加工や合成、文字の挿入をすることで、
美しいグラフィックをデザインすることができる便利なツールです。
私が最初に学んだのが、まさにこの”Photoshop”の使い方とバナーの作り方です。

ちなみに”Photoshop”はソフトのダウンロードをしなければなりません。
月額1280円と安い価格でダウンロード出来るので、
Webデザイナーになるために、ここはしっかり投資していきましょう!

どうしても厳しいと言う方は、無料体験版もダウンロード出来るため、
まずはPhotoshopをダウンロードすることから始めていきましょう!
Googleで「フォトショップ」と検索するとAdobe製の
Photoshopを購入出来るページが出てきますよ。

photoshopの使い方は下記の動画を参考にして、まずは基本的なところを勉強して行きましょう。

photoshop講座:まずは超基礎!photoshopに慣れよう!|現役WEBデザイナーが教えるphotoshopフォトショップ無料講座【Lesson01】はこちら↓

動画です。クリックして再生してください★

Webサイト制作にはDreamweaver!

 

”Dreamweaver”とは、Webページを作成するための総合ソフトです。
このソフトでは、”HTML”と”CSS”と呼ばれる言語をテキストに打ち込むことで、
Webページを作成することができます。

これを聞くとなんだか難しそうな感じがしますが….
実際は簡単な文法と英単語を覚える感覚に近いので、
そこまで難しくありません。
コツを掴めば誰でも簡単に出来るのでご安心ください。

ちなみに”Dreamweaver”も”Photoshop”と同じAdobe製のソフトで、
こちらも有料となりますが、初めたてで有料のものを使いたくないと言う方も
いるかも知れません。しかし、他社製品の無料ソフトより
初心者に優しく使いやすい”Dreamweaver”の使用をオススメします!

初心者の方は、HTMLの言語を打ち込むことに対してイメージが湧かないと思うので、
まずは下記の動画を見て、基本を学びましょう。

htmlとは?なにそれ?美味しいの?
【カトスクの女性に優しいhtml講座】
こちら↓

動画です。クリックして再生してください★

 

Webデザイナーはどうやって学べばいいの?

 

転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

ここまでで、Webデザイナーになる為に必要なスキル
・Photoshop
・HTML
・CSS
これら3つのスキルを習得しなければならないと言うことがわかりました。
では、どうやって学べばいいのでしょうか?

上記でもお話しましたが、まずは”Photoshop”を使って
バナーを作るところから始めましょう!
そして今は、参考書を買って勉強するよりもYOUTUBEで検索して
動画を見ながらマネをして学習する方法がオススメです!

実は難しそうに見える広告バナーもこんなに簡単に出来るんだ!
と感動すると思いますよ!
とてもわかりやすく解説されているので是非参考にしてみて下さい。 

photoshop講座|photoshopでバナー作成・バナーの作り方|現役WEBデザイナーが教えるphotoshop無料講座【Lesson02】こちら↓

動画です。クリックして再生してください★

次に、HTML、CSSです。
私は”Progate”という学習サイトをオススメします。
これは無料オンライン学習サイトで、初心者に優しく楽しんで学習できるように
工夫されているため子供から大人まで幅広い年代の方達が利用されているそうです。

私はこの学習サイトを使って少しづつ学習を進めていきましたが、
1ヶ月くらいでスキルを習得することが出来ました。
ちなみに、早くスキルを習得するた目のコツは、少しでも時間を作って
1日10分でも良いので毎日勉強することです。

特に最初のうちは、毎日勉強しないとすぐに忘れてしまうため、
復習するのに時間がかかり過ぎてしまいます。
なのでこの点は意識して学習を進めて行きましょう。

Webデザイナーになるための最も大切なこと

 

転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

ここまで、ひと通りの学習方法をお伝えしましたが、
まだ大切な事をお伝えしてませんでした。
それはWebデザインを教えてくれる講師が必要だと言う事です。

え?じゃあ今までの話はなんだったの?
結局スクールに通えってこと?お金かかるじゃん….
と思った方もいるでしょう。
申し訳ありません。ですがこれが一番大切なことなのです!

はっきり言いますが、全て独学はオススメしません。
“HTML”や”CSS”であれば、ゴールがはっきりしているのでむしろ独学で十分です。
しかし、”デザインのやり方”は、独学で学んでしまうと、
正解の道しるべがない為、変な方向に向かって学習が進んでしまいます。

よくよく考えてみれば当然の話だと思いませんか?
プロのデザイナーと素人の方では、デザインの見ている視点が違うのは当たり前なことです。
独学で学んで良い作品だと勝手に自己完結してしまうのだけは
避けなければなりません。

だから、デザインを教えてくれる講師が必要なのです。
ではここから、講師を選ぶポイントについてお話していきます。

Webデザイナーになりたいなら○○のWebデザイナーから学ぼう!

 

転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

講師が必要と言っても誰でも良いわけではありません。
例えばスクール選びにしても、ここを間違えると時間とお金の無駄遣いになってしまいます。
ではどんな講師が良いと思いますか?

答えは”現役のWebデザイナー”です。
実は、ほとんどのスクールに在籍している講師は現役のデザイナーではありません!
私はこの事実を知った時、驚きました!

それじゃ、一体講師は何を教えられるんだ?
現役じゃないなら生徒にどんなスキル、知識を教えなければならないのか
わからないじゃないか!と。

そうです!わからないのです!
正しくはわかっているつもりになっているだけだそうです。
今と昔ではデザインのニーズが違うのに、昔の古いデザインを教えられてしまうそうですよ。
それはちょっと嫌ですよね….

では、現役のWebデザイナーが在籍しているスクールってどこなの?
と思う方がいると思います。私の知る限り、現役デザイナーのいるスクールは
「日本デザインスクール」しか知りません。

ちなみに私はこのスクールで学んだおかげで、
2カ月弱という短い時間でWebデザイナーとしての門を叩くことが出来ました。
それでは日本デザインスクールの特徴を見て行きましょう。

Webデザインを学ぶなら日本デザインスクールがオススメ!

転職したいならWebデザイナーになろう!仕事の魅力とプロになるまでのステップ

日本デザインスクールの特徴は、在籍している講師の方が、
実際の現場で働いている現役Webデザイナーであるということです。
これは、実際の現場でよく使われるものを教えてくれる為、
どこよりも実戦的に学べるというのが特徴です。

また、講師のフォローも充実していて、作った作品の
フィードバックをしてもらえる点が非常にありがたかったです。
作品に対して良い悪いをしっかり指摘して、ちゃんと理解するまで対応してくれるので
確実にスキルアップ出来るようになっています。

ちなみに他のスクールは全部「いいね〜」で終わるらしく、
本当に実践で認められるのかわからないそうです(汗)
それはイヤですよね……

日本デザインスクールの久保先生が、この事について話している動画があるので、
下記動画を見てみて下さい。

 

webデザイン(ウェブデザイン)講座:
注意して!超初心者がWEBデザインを学ぶ時に気をつけるべき3つの落とし穴!未経験からWEBデザイナーになるには?
こちら↓

動画です。クリックして再生してください★

私はこのスクールに入って、自分でも信じられない程に
スキルアップすることが出来た感動を忘れません。

デザインで、間違った道に進んでしまっても、
講師の方のフォローで、すぐに正解の道に引き戻してくれます。
もし私が、独学だけでWebデザインを学ぼうとしていたら、
スキルの習得は困難だったでしょう。
だからこのスクールで学ぶことをオススメしているのです。

少しは参考になりましたか?
私もまだまだ駆け出しの身で偉そうな事は言えませんが、
皆さんもプロのWebデザイナーを目指すなら
是非この記事を参考にして欲しいと思います。

日本デザイン|インターン生 遠藤歩

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」