WEBデザインは「入社してから学べばいいや」では遅い!|#Vol.5転職したいなら女性が輝く!WEBデザイナー

久保なつ美の、転職したいなら女性が輝く!WEBデザイナー」#Vol.5です

▲動画です。クリックして再生してください★

現役WEBデザイナーの久保がお送りする、転職したいなら女性が輝く!WEBデザイナーシリーズ!
WEBデザインのあれこれをカジュアルにお伝えしています。
WEBデザインは「入社してから学べばいいや」では遅い!

お給料もらいながらデザインを一から学んでいく。
それが理想だと思っていませんか?
実は、入社しても先輩はデザインを教えてくれない!?

入社してもスキルが伸びないまま
2年…3年…経ってしまっていた。
作れるのは素人感の抜けないデザイン。

せっかくデザイナーになったのに悲しいですよね!
そんな事にならないようにするには
どうすれば良いのかお伝えします。

動画の中でお伝えしてますので、クリックしてみて下さいね!

LINE@:「@kubo」で検索してね

LINE@詳細はこちら

★おすすめのプレイリスト一覧★

くぼちゃんねる ▶ http://ur2.link/CFte
人気順で見る ▶ http://u0u0.net/CtfT
Q&Aシリーズ ▶ http://u0u0.net/CtgM
プチセミナー ▶ http://u0u0.net/D1Jz

【Photoshopバナー制作動画レッスン】
を無料プレゼント!▶ http://ur2.link/CFty

文章で読むくぼちゃんねるはコチラ

スキルは身につけられるものなんですよ。ほんとに。誰でも。コツが分かれば。そうそうコツが分かればできるので、そこは全く問題ないですね。で、あとは楽しむことですね。デザインって楽しんですよ。ここはちょっと話したいんですね、いいですか?ほんと楽しいんですよ。お2人ともちょっと作ったりするの好きですか?工作とか。小さい時工作好きでしたか?

セミナー受講生:工作好きでした。

ワクワクさんすきでした?ワクワクさん知らないですか?ちょっと世代が?(笑)。NHKの『つくってあそぼ』ってやつ。

セミナー受講生:帽子かぶって。

帽子かぶって、NHKの子ども番組なんですけど。そうそうそう。

セミナー受講生:多分。のっぽさんじゃない(笑)。

のっぽさん(笑)。

セミナー受講生:私独身…。

あ、そっかそっか。ワクワクさんってあった。私もワクワクさん大好きで、今います?

セミナー受講生:今ちょっと…

ほんとですか?あ、それ再放送とかじゃくて?ほんとですか?そうなんですか、私もあれが大好きで、ずっとコツコツ作ってたんですけど。そんな感じなんですよ、仕事も。今仕事が。

何色がいいか考えるのもデザインの勉強です!

だからデザインって確かに努力は必要なんですよ。何回か作って、だんだんだんだんとコツが掴めてくので、その間は努力が必要なんですけど、できちゃうとほんとに思ったものが作れて、自由自在にできて、私絵かけないんですよ。絵下手くそなんですよ。

だけど、Photoshop使えばものすごいいい感じでできるじゃないですか?そういう魔法のツールだと思ってるんですけど、ほんとそれは楽しいし、何ていうんですかね、デザインの勉強がいいのは、例えば2人がね、これから勉強始めたとするじゃないですか?

例えば法律とかって大変じゃないですか?暗記して、ここがなんとか、って。デザインって何色が良いかな?とかこの写真とこの写真どっちがいいかな?とかなんですよ。それが勉強なんですよ。で、大きさ、文字の大きさ、これがいいかな?これがいいかな?とかってことなんですよ。

だからそれが勉強なんですよ。それが勉強で楽しいと思えれば、続けられるので、続けられたら絶対できるじゃないですか?だからそこは楽しんでる人はすごく成長するんですけど。ウチの生徒さんでも。

セミナー受講生:それが仕事っていいですね。楽しいですよね。

デザインするのに時間がかかってしまうと辛くなります

そうそう。でも、私が前に苦労したのは、それは楽しかったんですけど、やっぱ仕事になると時間っていうのが出てくるんですね。1カ月間「バナーどうしようかな?どうしようかな?」ってやってたらお金になんないじゃないですか?

だからそこに時間とか効率化っていうことが出てきて、それができないと辛いんですよ。楽しかったはずなのに5日間もずっと迷ってるとかって辛いじゃないですか?そうなると辛いから、だからそこを考え方を論理的にここはこうだからこの色とか。

ピンク、オレンジってずっと迷ってるんじゃなくて、こうだからピンクとか、こうだからオレンジを選ぶっていうことが分かれば、そこは時間が10分の1ぐらいに短縮できるんですね。そうなると、パッと思った通りに作れて、お客さんがどういう物が欲しいのか分かってると、もっといいですよね。

自分が良いと思ってもお客さんが「こんなんじゃダメなんだけど」って言われたらガーンってなるじゃないですか?それもまた辛いポイントなので、そこを先にちゃんと学んでやることで、その期間がなくなるんですよ

そうそう、だから練習の時にもうガンガン作ってお客さんに喜ぶものができたら、それはもう練習の期間だからあまりプレッシャーないじゃないですか?これがね、実務でやるとプレッシャーがかかってくるんですよ。時給が発生してるのにできない!みたいな。

その前にちゃんと身につけて、そしてきるなっていう時にお客さんからお仕事を取るっていうふうにするとストレスがかかるところがないんですよね。そこもちゃんとコツがあるので、どうやったら時短できるかとかってのがあるので、それもちゃんと身につけたら悩むとか苦しいとか嫌だっていうことがないんですよ。

私はそういう期間がすごく長かったので、誰も教えてくれなかったので。3年位悩んで悩んでって時があったんですよ。だからそうなるとストレスがすごくて、社長にね「まだやってんの?」とか言われたりとか、「遅っ」みたいに言われたりとか。それがきつかったんですよ。

そういのはね、みんな味わわないように先に時間とお金とある程度投資して、ちゃんとできたら、そのあとはこの手が財産というか、自分のスキルなので。例えばこれがね、大手企業に勤めてたとかって使えないじゃないですか。

あんまり、年齢が上がってくると、そうはいっても、ってなるけど。自分の手に職がつけば、そのあと本当にどこに行っても、どういう境遇でも私のこのスキルは生きるんですよ。だから今、将来に全く不安がないんですよ、仕事に関しては。

私、昔不安だらけだったんですよ。ほんとに働きたくなくて。ほんとに働きたくなかったんですよ。ほんとに働きたくなくて、働くとうつになるっていうすごい自信があって、ミジンコみたいな。ミジンコみたいな弱さなんですよ、私、心が。繊細なんですよ。

セミナー受講生:20代の話?

20代の話。20代の時に、仕事に就いても辛くて、すぐ辞めちゃうみたいな。そういうタイプだったんですよ。なんでかっていうと、ほんと好きじゃないことを拘束されて8時間やるっていうことがもう嫌過ぎて、でも大人ってそうじゃないですか?

例えばホテルの配膳とかやってたんですけど、もう辛くて、あと事務とかね。同じこと、コールセンターとかやってみたんですけど、何も面白くなかったんですよ、私にとっては。

だからずっと8時間もこれを1日?みたいな。あと何分?みたいな感じで数えるっていうのが全然耐えられなくて、私。それはそれで仕事だからって我慢する方もいるじゃないですか?私もう全然病んじゃうんですよ気持ちが。だから、だったらスキルを身につけてちょっとでも楽しいデザインをやりたいと。そこだけはね、根性があったんですよ。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」