濃く深く V.S 浅く広く

濃く深く V.S 浅く広く

こんにちは!久保なつ美です。

今日はWEBデザイナーの「働くスタイル」について少しお話します。

私の仕事のスタイルは、数多くのクライアントさんを受けているというより、
「一人のお客さんからたくさん任される」っていう感じのスタイルです。

なので、お一人から受ける仕事の量が多い、多い!!
本田健さんからも、チラシ、グラフィック、動画、撮影、などなど
一気にお仕事を受けています。

このスタイルだと頭が混乱しなくて済みますし、
長く深く仕事に関われるのでとても良いです

じゃあ、前からこのスタイルだったかと言うと
そうでもないんですね。

はじめは安く、早く!という牛丼屋さんみたいな仕事の受け方をしていました。
ネットで受注して、とにかく安く早く作るっていうスタイルだった時もありました。

これ、今でもやっているひとはいると思いますが、このままのスタイルを続けているとすごく辛くなってきます。
なんかむなしくなるんですよね。。。

だから、しっかりデザインを出来るようになって、本当の意味でお客さんの役に立てるようなスキルを身につけることが大事です。
これはすぐに身に付くものでもないですし、コツがあります。

いよいよ来年から中級編の講座をスタートしたいと思っていますが、
この講座には私が培ってきたコツを濃く入れて教えたいと思っています。

この間、事務所に遊びにきてくれたオンラインの生徒さんは早くも、
「受けます!」と言っていました。

デザインって、奥が深い、ちょっと出来るようになるともっと深いところを知りたくなる、
だから面白いんです!^^

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」