【LESSON11】WEBデザイナーって今からでもなれるの?

今回は、とっても気になるWEBデザイナーの需要のお話です。

 

未経験のデザイナーが入る余地は業界にあるのか?

についてお話していきますね。

 

WEBデザイナーって何となくたくさんいそうなイメージを持っている人やもうWEBデザイナーは飽和状態じゃない?

というイメージを持っている人もいるかもしれません。

実際、私は、たくさんのクライアントさんからお仕事をもらい、お話する機会があります。

また、これまでに700名以上の卒業生がいて、就職や転職が決まった人からいろいろな情報を聞きます。

 

ですので、私はWEBデザイナーが不要なのか?

必要なのか?はよく把握しています。

そこで実際のお話をしたいと思います。

 

まずは、WEBデザイナーは飽和しているのか?

それとも不足しているのか?

この答えは、「不足している」です。

ただし・・・デザインのできるデザイナーが不足しています。

 

私自身も苦労したし、お仕事を依頼されるクライアントも同じ悩みを持っているのですが、デザイナーに頼んでも、良いデザインが上がってこないという悩みを持っています。

理由は簡単です。

スクールに通ってもプログラミングしか学んでいないし、WEBデザイナーを求人する人手不足の会社に入ってもデザイナーは自分一人で教えくれる人はいなかったり、デザイナーの先輩がいたとしても

「デザインは、自分でセンスを磨け!自分で勉強しろ」

という職人のようなスタンスの人が多いので、結局デザインは自己流な人が多いんです。

 

自称デザイナーになってる人が本当に多いです。

その結果、残念なデザインが多いんです。

もっとわかりやすくはっきり言えばダサいデザインです。

多くのクライアントさんも私のところに依頼する理由は他ではデザインがダサいからです。

他で依頼してもデザインに満足いかないからです。

でも、私のところに依頼するからと言って私がすべて作っているわけではなく、ほとんどが元生徒さんです。生徒さんにお願いすることもあるし、生徒さんから社員になった人がうちでデザイナーをやっています。

だから、やっぱりデザインが求められるんです!

フリーランスに興味を持つ人も多いと思うんですが、フリーランスの方もデザインができない人が多いです。

それは先ほどと同じ理由です。

だから、私の生徒さんがフリーランスになったら、すぐに受注をもらえるし、リピートもたくさんもらえます。

いろいろな企業から、デザイナーを紹介してくださいと依頼が来て就職先や転職先が決まりますし、最近では、ある大手のデザイン会社さんとの提携が決まり、卒業生を紹介できる仕組みもできました。

こういった声や卒業生が活躍できる理由。

それは、デザインができるからなんです。

学び始めて、1~3ヶ月でお仕事を変えることができますし、人生を変えることができます。

就職も転職もできるし、フリーランスとして自由な働き方もできます。

 

だから、未経験でもデザインさえできればWEBデザイナーになれるということを知ってもらいたいです。

実際に求人情報のサイトなどで、WEBデザイナーで検索するといっぱい募集があります。

だから実際のところ、飽和していませんし、ネットで調べたり、買う人は増える一方なので、WEBデザイナーはこれからも、どんどん不足するので、WEBデザイナーは、何が必要でどうやったら仕事ができるのか?を知っていれば、誰にでもチャンスがあると思います。

ホームページもランディングページもSNSのバナーなど、ニーズは増える一方です。

あなたがもしWEBデザイナーになれたら、どんな働き方をしてみたいですか?

どれぐらいのお給料が理想ですか?

ということで、次回はフリーランスになったときにどうやってお客さんを見つけるか?

についてお話をさせていただきます。