諦める人生と、挑戦する人生 #21| 未経験からWEBデザイナーに

久保なつ美の、「くぼちゃんねる放送」vol.21です!

▲動画です。クリックして再生してください★

現役WEBデザイナーの久保がお送りする、くぼちゃんねる!
WEBデザインのあれこれをカジュアルにお伝えしています。
第21回目は、諦める人生と、挑戦する人生
というテーマでお送りしました。

LINE@:「@kubo」で検索してね

LINE@詳細はこちら

★おすすめのプレイリスト一覧★

くぼちゃんねる ▶ http://ur2.link/CFte
人気順で見る ▶ http://u0u0.net/CtfT
Q&Aシリーズ ▶ http://u0u0.net/CtgM
プチセミナー ▶ http://u0u0.net/D1Jz

【Photoshopバナー制作動画レッスン】
を無料プレゼント!▶ http://ur2.link/CFty

文章で読むくぼちゃんねるはコチラ

こんにちは、久保なつ美です。くぼちゃんねる放送お送りします。ちょっとまたお久しぶりになってしまって、すいません。またまたバタバタしておりました。

最近、私はですね、新しい企画を立ち上げたりとかですね、新しい講座を開設する準備に追われています。参加していただいた方は何人かいるので分かると思うんですけども、「幸せな写真講座」というカメラの講座を新しく立ち上げました。これはですね、くぼちゃんねるの本当に初期のころにですね、ちょっとお話した、私がデザインを始めたときに全然採用されなかったのに採用してくれた、ヤマさんですね。ヤマさんに来てもらってやっているカメラの講座です。本当にこの講座楽しいです。

まずですね、一眼レフって、ちょっとやってみたいと思って買ってみた方とかいると思うんですけども、なかなか使い方がよく分からなくて、オート機能ばかり使ってしまうという方に、カメラの扱い方を教えてもらって、すごいプロが撮ったみたいな写真を撮れるようになるという講座なんですけど、私もいつも生徒側の立場で参加しているんですけど、本当に写真も奥がすごく深くて、だけど、やっぱりずっとやってきた方のお話というのは、本当にコツをピンポイントで教えてもらえるので、それが本当にありがたいなと私も思っています。

私も実際、撮る写真は全然変わりましたし、もっともっと伸びしろがあるんだなと思って、楽しいです。学ぶって、楽しいですねということを私も感じています。この講座はですね、みんなで写真を撮りに行ったりしようかなと思っていまして、そういう楽しい企画も考えているので、是非一緒にみんなと行きたいなと思っています。これも今、企画中です。

今、スクール生の人生が変わっています!

今日は何をお話しようかなと思ったんですけど、ちょっと久しぶりなので、その中で、今まで感じてきたことの中で一つ大きい、これは伝えたいなと思ったことがあったのでお伝えします。

ゼロイチウェブデザインやり始めて、人生大きく変わっているなと思う人がすごく多いです。最近は本当にリアルに感じています。例えば、福岡のタキタさんは、ずっと5月生で入って、それからその後、中級編にすぐ来て、その後、今、インターンをやっているんですけど、中級編でランディングページという、LPという、結構がっつりしたページの作り方を教えて、その後、今、インターンで実践しています。

私と本当に直でやり取りして、今日はこのLPを作りましょうみたいな感じで、だいたい四日くらいでLPを一本作れるように、タキタさんはなっています。その成長がすごく早くてびっくりしているんですけど、本当にタキタさんは素直に、スポンジのような感じで私の教えることを吸収するんです。だから、どんどんうまくなっているんです。

1回も私、直接お会いしたことはないんですけど、よくオンライン上で顔を合わせてお話していて、すごくいい感じでやり取りできているので多分インターンが終わった後は、うちのパートナーとしてお給料をお支払いしながら、お仕事したいなというのはそれが見えてきています。

私も皆さんをインターン生をコキ使って終わるということは、特に考えていませんし、それはしたくないと思っているので、社長に交渉して中級編以上の方はスタッフに、やる気があって、デザインができてという方は、なんとか入れるように社長に交渉したりとかというふうにしています。そのタキタさんがすごく人生が変わったなと、ここ5月から感じています。

同じように5月生で入ってきた方でも、そこまでストレートにぐっと成長できる人っていないと思うんですけど、その違いは何かなと思ったんです。別にこれは、他の方々が駄目とか、そういうわけではなくて、みんなできたなと私は思っているんです。みんな、タキタさんのようにダーっと集中して頑張って、例えば私のパートナーというか右腕みたいな感じで活躍するということは、みんなできたなと本当に思います。

諦めずにやり続けたからこそ今があるんです!

じゃあ、何が違かったのかな? ということなんですけど、タキタさんは決めていた感じがすごくありますね。自分の意思でデザインをやると、学ぶということを、もう心の中で決めていたという。これが一番大きかったんじゃないかなと思います。

他の方も決めてはいたんです。一番最初入るとき。全員が、よし頑張ろうと思うし、やってみたいと思うんですけど、どうしても心の中で声が小さい自分の声が聞こえてくるんですよね。そういうときって、例えば、「いや、またやってもできないよ」とか、「センスがないからできないよ」とか、「どうせ続かないよ」とか、「ちょっと疲れたから休もう」とか、「最近、仕事忙しいし、休もう」とか、あとは、「家族から反対された。やっぱり自分には無理だな。無理だよと言われた」とか、そういう小さい声というのは絶対誰でも聞こえてくるんですね。私もあります。私も新しい挑戦をするときに、批判が来るんじゃないかとか、失敗するんじゃないかとか、人が来ないんじゃないかとか、そういう不安は私もあります。

だけど、聞こえてきたときに、その小さい声に勝てるかということなんですよね。私は先生に教えてもらったのは、小さいいろんな言い訳って、いくらでも出てくるんですよね。例えば旦那さんが辞めろと言ったからとか、家族がそんなところにお金を使ってって言ったからとか、家族に反対されてとかって、結構最近よくあるケースなんですけど、そういう声が。それって、

自分も思っていることなんです。

自分もそう思っていなかったら、自分がもう決めていたら、誰に何と言われようがいけるんです。それがタッキー、タキタさんことタッキーは、そこが強かったんです。

この間、タキタさんと話していたら、旦那さんに反対されたらしいですね。インターン、勉強している間も、旦那さんかは、何やっているか、多分よく分からないと思うんですよね。旦那さんからは、だから、「なんか遊んでいるんじゃないの? って言われました」と言っていたんですけど、そこでタキタさんがあーっと思って、諦めていたら、今はないです。

もし諦めていたら、今までと同じ人生で、なんか突き抜けないというか、なんか楽しくないとか、なんか自信がないという人生をいっていたと思うんです。だけど、そのときに、彼女はその声に負けないで、絶対やると決めたからとか、自分を信じてやってみようという決断をしていたわけですね。

だから、こんなこと全然彼女は言わなかったので、順風満帆にやっているのかなと私は思っていたんですけど、そういうことがあったんだというのは、知ってびっくりしました。おーっと思って、そういう悩みもあったんだなと。人はそういう悩みって見せないですけど、それはお話して気付いたことなんです。

他の方々も家族の反対だけじゃなくて、例えば、本当に自分が疲れやすいとか、例えば、Youtube見ちゃうとか、私のYoutubeだったらいいんですけど、他の番組見ちゃうとか、ドラマ見ちゃうとか、疲れて寝ちゃうとか、今日も帰ってきて、疲れて、そのまま寝ちゃったとか、やる気が出ないとか、そういうやらなくていい理由はいくらでも出てきます。学校と違うので、絶対行かなきゃいけないとか、そういうことじゃないので、さぼれちゃうんですね。

だから、そのときに自分の目標、自分はどういう人生を歩みたいのか。死んでいくときに、あのとき挑戦しなかったことがすごく悔いに残っているなとか、そういうふうに私は終わりたくないんですね。私。うちの生徒さんにもそういうことを感じてほしくないということで、できるだけ、最近は背中を押せればと思うんですけど、諦めちゃったら、背中は押せないなと思っているんです。

諦めちゃった人に、ガガガっと攻めていって、「ちょっと諦めるなよ」ということは、そこまではちょっとできないです。だって、他の生徒さんもいるからなんですけど、そのときに自分で自分を信じてあげられて、よしやろうと、やっぱりやろうと思えるかどうか、これが人生が変わっていく分かれ道なんじゃないかなと、最近思っています。

これは本当に講座が始まってからもそうですし、始まる前に入門編を受けたいけど悩んでいる。家族に反対されているという人も必ずそういうのはあるんです。

それは試練です

神様がいるとしたらですね、あなたにそれを試しているんです。

絶対今までそういう道を選択していなかったとしたら、本当にできるの? というのを神様が。神様と言うとあれなんですけど、何か、私、そういうの信じているんですけど、誰かを使って、家族の口を使って反対させて、本当にあなたそれやりたいの? というのをテストして、そこを越えられないと、その先には行けないということなんです。

チャレンジをする勇気

これ絶対あると思います。それが超えられた人は新しい世界が見えるし、越えられないと、元の世界に戻っていくということですよね。人生って、面白いなと思いますけど、私も今までそういうチャレンジするしないという選択するときがたくさんありました。デザインスクールを作ったのもそうですよね。選択するしない。それで、多分私の人生大きく変わったなと思ったんですけど、デザインスクールで言うとですね、デザインスクール立ち上げたときに、他のスクールさんを見て、大手のスクールさんを見て、私なんていらないじゃんと思っちゃったんですよね。ウェブディレクター養成講座とか、ウェブデザイナー完全講座みたいなやつがあると、他のところがやっているから、私の講座なんていらないじゃんと思っちゃったんですね。

だけど、そこで負けてはいけないと思って、自分に出来る限りのことをしてきて、今は大手のスクールさんには絶対負けないというのは確信しているんですけど、そのときに負けてしまったら、今の生徒さんとの出会いもないし、今の仕事もないし、今、味わっている幸せも充実感も自分への自信もなかったなと思うと、あー、あのとき諦めなくて良かったなと本当に思います。

だから、そういう経験をみんなにもしてほしいなと心から思っていますし、応援しています。みんなそうです。みんな何かしらあります。家族から反対されます。家族から反対されるし、だって、家族はですね、今までのあなたを見ているんです。今までの、例えば、何かやろうと思ってもできなかったとか、多分みんな経験あると思うんですけど、そういうあなたを見ているので、そこから判断して言っているんです。

だから、私が例えば、最初は、まだ何も成し遂げられなかったころにデザインスクールをやると言ったら、家族に言ったら反対しますよね。そんなにできるわけないって。だけど、最初は誰だってそうなんですね。その前のあなたを見ている家族が、あー、でも今回はちょっと決意が違うなと思える、そんな自分になれれば、説得することはできるんです。本当は。だけど、まあいいかな、やっぱりそうだよね、自分にはできないよねって、自分で自分をできないというふうに認定する。無理とか。そうしているのは、

自分自身なんですよね。

これが分かると、あ、自分でその道を選んでいたんだということが分かるようになるんですけど、人のせいにしている限りは人生絶対変わりません。誰々さんが言ったから、私は本当は自分がやりたいことやりたかったのにできなかったとか、ゼロイチウェブデザインの講座がフォローが少ないからとか、そういう言い訳をしちゃう人っているんですけど、そう言っていると何も変わらないんですね。

他の人ができているということは、絶対自分にもできるチャンスがあったのに、自分で自分をできないという認定して、また元の生活に戻っていくという、これよくあるパターンなんですけど、だけど、それは悲しいですよねと思うし、なかなかそういう人生を変えようと思うエネルギーが出る機会って、ないんですね

だから、うちのスクールは結構人生変わるきっかけにすごくなりやすいし、そういう武器も与えているので、人生がガラっと大きく変わったりとか、タキタさんみたいに本当に人生丸々変わって、今、本当に私の右腕みたいな感じでやってくれていて、私もすごくありがたいですし、一緒に、私の楽しい仕事をタキタさんに分け分けして一緒に楽しめるんですけど、そういう人生大きく変わる人、そういうチャンスが一人ひとりにあるんですけど、だけど、それを本当に本気で自分で信じられるかどうか、ここが大きい壁です。周りの人じゃないんです。自分で自分を信じられるかどうか、ここなんですよね。

私、別に自己啓発の人じゃないんですけど、こういう話は私も結構いろんな本を読んだりとか、私はこんなこと言っていますけど、自分に自信がすごくなかった方なので、どうしたらいいかというのを常に考えて、もがいていた時期があったので、それでいろんな講座を私も自己啓発とか受けたりとか、本を読んだりとか、素敵だなと思うセレブの本とか読んだりして、徐々に徐々に自分の硬かった考えとか、マイナス思考とかを変えてきて、今があります。だから、みんなにも頭の体操というか、考え方変えられるきっかけになればいいかなと思って、今日はちょっとこういう話をしました。

ちょっと、こんなこと考えています。最近、5月生の中で1回フェードアウトみたいな感じでいなくなってしまった方が、またカムバックしたみたいなことが最近あって、それはすごくうれしいんですけど二人カムバックして今日の夜フォローなんですけど、なんだかんだ言って、私、復活した人見ちゃうという、面倒見の良さを発揮して、今日二人と久しぶりに会うんですけど、そこでまた再会するというか、再会して、その二人が復活するということがすごく私はうれしいです

チャンスはいくらでもあります!

これ全員そういうチャンスは絶対来ます。1回諦めて、自分は無理だなと思っても、またもう1回自分次第で、自分がやろうと思ったら、それがまた復活するチャンスになると思うので、これ聞いている方で1回諦めちゃったという方でも、もう1回やってみようというふうに思ったら、そのときは必ず手助けするので、諦めないでほしいなと思います。諦めなければ絶対報われます
ということで、また長くなってしまいましたけれども、20分くらい話させてくださいということで、くぼちゃんねる放送、ちょっと今日はしっとりとお送りしました。

またですね、私もちょっとチャレンジをしようと思っていまして、また来週、今週? 来週からまたですね、動画をガンガン撮り始めますということを、ここに公言します。動画というのは、私にとって、それなんです。面倒くさい、やりたくないというか、やっていたら楽しいんですけど、好きなんですけど、だけど、やるまでが、メイク大丈夫かな? とか、心の準備が必要で、やりたくないとなっていたから、皆さんに価値を伝えられるということが分かっているのにやらないという、私、そんな自分が最近嫌になったので、来週から週四日は撮影するということを自分に課しました。

なので、皆さんとお会いする機会も増えてくると思いますし、皆さんに思いを伝えるということも増えてくると思いますので、そういうところ、久保なりのサポートをみんなにできればと思っています。ここで公言したので、やっていなかったら突っ込んでください。
ということで、くぼちゃんねる放送、今日も最後まで聞いてくれてありがとうございました。また来週収録しますので、また近々お会いしましょう。ありがとうございました。久保なつ美でした。またね。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」