転職で後悔しない会社の選び方3つの見るべきポイント!|#vol.2 転職したいならWEBデザイナー

久保なつ美の、「くぼちゃんねる放送 【転職編】」第2話です!

▲動画です。クリックして再生してください★

現役WEBデザイナーの久保がお送りする、くぼちゃんねる!
WEBデザインのあれこれをカジュアルにお伝えしています。
くぼちゃんねる放送【転職編】第2話は、転職で後悔しない会社の選び方3つの見るべきポイント!|#vol.2転職したいならWEBデザイナー
というテーマでお送りしました。

LINE@:「@kubo」で検索してね

LINE@詳細はこちら

★おすすめのプレイリスト一覧★

くぼちゃんねる ▶ http://ur2.link/CFte
人気順で見る ▶ http://u0u0.net/CtfT
Q&Aシリーズ ▶ http://u0u0.net/CtgM
プチセミナー ▶ http://u0u0.net/D1Jz

【Photoshopバナー制作動画レッスン】
を無料プレゼント!▶ http://ur2.link/CFty

文章で読むくぼちゃんねるはコチラ

皆さんこんにちは。久保なつ美です。くぼちゃんねる放送をお送りします。今日は転職についてのお話のシリーズの第2回目ということでお話したいと思います。

転職について第2回目はどんな職場を選べばいいの? という質問にお答えしたいと思います。これも結構聞かれる質問でですね、職場選びについて聞かれることが多いです。これは私はWEBデザインの先生をしているので、WEBデザインの生徒さんにも聞かれますし、あとはプライベートでも結構友達とか後輩とかから聞かれたりするので、私なりの答えをお話したいと思います。

仕事選び重要ですよね。かなり。これの重要さがどれほどかというのは分かっている方もいれば、あまり分からず就職している方もいるんじゃないかなと思いますけど、私は本当に最重要項目だと思っています。人生の中で本当にトップスリー、例えば、パートナー選びとか、いろいろありますけど、本当に重要な項目だと思います。

なぜかと言うとですね、仕事って、本当に一日の中の時間、8時間占めるじゃないですか。一日24時間だとしてもですね、寝ている時間だったり、食べる時間もあるので、本当に活動している時間の大部分を占めるのが仕事の時間ですよね。だから、すごく仕事選び、職場選びは本当に人生の中で大事な選択だと思います。

私はそれをですね、結構働き始めてすぐのときに、そう思ったんですね。なので、例えば、どんなにお給料が良くても楽しくない仕事は絶対嫌だと思っていましたし、どんなにお給料が良くても、例えば、環境ね、一緒に働く人はつまらなかったら嫌だなと思っていましたし、やりがいを感じられなかったら、その時間、本当に苦痛でしかないので、だったら、人生がすごく苦痛になってしまうような気がしたんです。それが22歳くらいのときにそう思いました。

理想の職場に出会えない日々が続きました…

なので、就職活動とか転職活動とか、たくさんやったことあるんですけど、そのときはすごく辛かったです。何が辛かったかと言うと、自分は一日8時間とか、それ以上のときもありますけど、その時間を楽しく過ごしたくて、やりがいのある仕事、理想の職場で過ごしたいんですけど、なかなかそういう職場ってなかったんですね。

それがないということが前は本当に苦痛で、受けても受けても、あまり面接に行っても、ここに入りたくないなとか、ちょっと職場の雰囲気すごく誰も喋っていなくて、すごい嫌だなとか、誰も楽しそうにしていないとか、笑顔の人がいないとか、そういうのをたくさん見ちゃったんですね。

面接官の人がそもそも疲れているとか、面接官の人が「お疲れさまです」みたいな感じで来て、すごい暗い顔をしながら面接したりとか、そういうのを見ちゃうと、面接した後にやっぱり私ちょっとここには来たくないですという、こっちからお断りしたいなという職場も結構あったので、そういう意味で辛かったですね。

実際、入ってみたら、ちょっと違かったりとか、実際入ってみたら、みんなスタッフ人がやる気がなくて、面接官の人はやる気はあったんですけど、スタッフの人がやる気がなかったりとか、暗かったりとか、そうですね、なんですかね? 友達になれなそうだなと思う方がスタッフだったりすると、私の問題ももちろんあると思うんですけど、でも、辛いなと思っていました。

なので、でも、そこでまあいいかと諦めるか、理想の職場を探すか、どっちかだと思うんですけど、私は諦められなかったんですよね。だって、人生の中で本当に長い時間を過ごすから、毎日の気分というのが職場によって変わるし、ずっと辛い職場で働いていると、毎日あー行きたくないなとか、土曜日日曜日が憂鬱になってしまうというのは避けたかったんですよね。

実際、私もそういうところで働いていたことがあるので嫌だったんですよね。だから、諦めないで今の、今、本当に楽しく働いています

今、私は仕事はすごく好きで、職場の人たちも大好きで、仕事している時間が本当に好きです。だから、今、月曜日の朝なんですけど、今、職場に来ているんですけど、なんですかね? 月曜日の朝って、職種によっては憂鬱だったりするじゃないですか。

嫌だなって、行きたくないなという人もいると思うんですけど、私どっちかと言うと、あ、月曜日だ、みたいな感じなんですね。月曜日だ、みんなに会える、みたいな感じで、仕事できる、みたいな。そんな感じですね。だから、ワクワクという感じです。

金曜日も金曜日で、あー、仕事終わった、休みだと思うと楽しいし、毎日、そうですね、土曜日、土日と、あと、平日の境目が私あまりなくて、気分の、楽しさ的には、そんなに変わらないですね。ピーポーピーポー、救急車通っていますけど。

だから、よくサザエさんの時間になると嫌になっちゃうという方もいますけど、私はどっちかと言うと、金曜日になるとですね、休みでスタッフのみんなと会えないなと思うと寂しくなるという感じですかね。だから、ちょっと他の人と全然違うんですけど、かなり幸せな社員だと思います。

職場選びの基準は3つあります!

私が、じゃあ、どういう基準で選べばそうなれるのかという、ちょっと基準みたいなものをお話したいと思います。前置き長くなったんですけど、まず私が転職するときに気を付けることというか、大事にすることか、大きく分けて三つかなと思います。

1はですね、働く仲間ですね、働く仲間がいい。これが一つ、私の働きたいと思える会社の条件です。これはですね、入ってみないと分からないというところもあると思うんですけど、私は求人の写真があるじゃないですか。スタッフの写真、あそこを見ています。明らかにこれスタッフじゃないだろうというやつもありますよね。素材だったりとか、無料素材の女の子とかだったら、それはカウントしません。ノーカウント。リアルそうだなと思う感じの写真を見ます。

でも、リアルそうだなと思う社員の写真でも二人とかしないないと、あまり判断できないので、なるべく大人数で写っていたりとか、大人数で楽しそうに写っている職場の写真とかがあると、私はですね、いいなと感じます。

やっぱり顔に出てくるんですよね。うちのスタッフの写真なんて、みんな本当の楽しそうで笑顔なんですけど、そういうのって、逆につまらない会社だとですね、みんな集合写真、学校の集合写真みたいな感じで真顔で写っていたりするんです。

だから、そういうところは私避けます。写真を撮ったときの雰囲気とかは会社の雰囲気なので、それを重要視します。私はどっちかと言うと、楽しい職場の方が好きなので、みんな和気あいあいと楽しくやってそうだなと思うところを見ます。

あとは、年齢とかも見た方がいいかなとは思います。すごく楽しそうでも、若い人ばかりとか、自分より若い人ばかり、自分より年上の人ばかりとかだと、やっぱりどうしてもつまらなくなってくるので、自分と同じ年代の人がいるかというところは見ます。あとですね、面接官がどれだけイキイキと仕事しているのかなというところも見ます。

面接のときって、大体一般的には面接をされるという感じが多いと思うんですけど、受ける側も面接しているんですよね。この会社に本当に入りたいのかというのを面接官を見て判断する時間だと、私は思うんですよね。

だから、面接官の方に私よく、「仕事楽しいと思うときはどんなときですか?」とか、ちょっと質問できたら、質問したりするんですけど、そういう顔から分かりますよね。大体、イキイキをされているかとか、疲れているなとか分かるので、そこはよく見ております。

これが一つですかね。1個目、これかなり重要です。仕事内容がそんなに好きじゃなくて、人が楽しいとですね、何の仕事も楽しくなるというのもあるので、これはとても重要だと思います。

二つ目ですね。二つ目は、自分が頑張ったときに評価される制度があるかというところですね。これは私は重要視します。うちの会社はですね、どんどんお給料上がる会社なので、やったらやった分だけ上がっていきます。そういうシステムがあるって、すごく重要だと思うんです。

評価というのはお給料とか、研修に行かせてもらえるというのも、うちの会社ではあるんですけど、そこがないとですね、やっぱり頑張れないですね。

職場が楽しくて、人が良くてというのはもちろん、それがあると、ある程度、頑張れるんですけど、やっぱり人は自己成長したいですし、結果を出して認められたいという生き物なので、評価がされないと、だんだんだんだん廃れていきます。やってもやっても、あまり評価変わらないから、やらなくていいじゃんという気持ちになっちゃうんです。

だから、私は評価制度がちゃんとあるところを選びます。実際にお給料上がっている先輩がいるかというのも、入ってからは見た方がいいかなと思うんですけど、評価制度やるよと言って、やらないところもあるので、そこはちょっと要注意ですね。

三つ目はですね、これはなかなか判断できるか分からないんですけど、社長の考え方だったり、ビジョンに共感できるかというところは割と重要だと思います。社長さんとお話できる機会があるかどうか分からないんですけど、うちなんかはですね、そんなに大きい会社じゃないので、10人から、来年、多分20人くらいになると思うんですけど、そのくらいの規模なので、社長と話せる機会は結構あるんですよね。

私の場合は、本当にうちの社長の考え方とかビジョンに共感していますし、会社ができたときから私いるので、共感して一緒にやっているんですけど、そこがないとですね、例えば、楽しくて、評価制度があって、ガンガン給料が上がっても、社長の考えに共感できないと、やっぱり途中で挫折しますね。社長の方向性とか、人間性とかもありますよね。

社長がすごい豪遊しているとか、社長がだらけているとか、そういう会社で私は働きたくないですね。それだと独立したくなりますよね。だから、社長がどういう考えなのかというのは、私にとっては本当に大事です。

これも私は社長に距離が近いので思うこともあると思うんですけど、他のスタッフにもやっぱりジワジワと社長の考え方とかって、影響してくると思うんです。頑張れるかという、本当に、あー、ちょっと大変だなと思えるときに頑張れるかというのは、やっぱりこの社長についていきたいか、いきたくないかというところで、底力が出るか、出ないかというのは変わるんじゃないかなと思うので、社長の考えに共感できるかというのは大事だなと思います。

この三つですね、

一緒に働く人がイキイキ働いているというのと、

自分が頑張ったときに評価される評価制度がちゃんとあるというのと

あとは、社長の考えに共感できるかというところですね。

この三つが整っている会社は多分長続きするんじゃないかなと思います。

この3つが揃ってないと途中で辞めてしまう可能性があります!

これがないとですね、例えば、どれかが欠けていたとしてもですね、途中で辞めちゃう理由になると思いますし、楽しく働けない理由になるかなと思うので、今、転職を考えられている方は、この三つが当てはまっているかというのをちょっと考えてみる必要があると思うし、これから転職される方ですね。実際に今、選んでいるよという方はそういう目線で見てもらえたらいいんじゃないかなと思います。

そうですね。また、私はですね、WEBデザインをやっていまして、WEBデザインを教えているので、WEBデザイン業界についての質問を結構受けるんですけど、WEBデザイン業界についても、この三つは本当に当てはまっていると思います。WEBデザインはどちらかと言うと、職場にいる時間が多いので、営業さんとかと違ってですね、職場にいる時間が多いんですね。特に重要だと思います。特に。

お客さんと接客業とかだと、お客さん次第で楽しいか楽しくないか決まることもあるので、またちょっと違う気もするんですけど、職場というオフィスワークですかね、オフィスワークで言うと、この三つが本当に大事かなと思います。他もそうかな? 他もそうですね。他の業種もそうですね。他の業種でも、この三つは大事ですね。今、ちょっと考えてみたら、営業とかでも一緒に働く人とか大事ですよね。そう思いました。

なので、皆さんちょっとこの三つを考えてもらえたらいいかなと思います。他にも人によって考え方は違うと思いますので、例えば、お昼のご飯が美味しかったら頑張れるという人もいるでしょうし、本当に仕事内容で選ぶ人もいるでしょうし、この仕事は他の人がどうであれ飽きないという天職みたいな仕事もあるでしょうし、また、違うケースもあると思うんですけど、もし今、あまり基準がないなとか、どういう基準で選んだらいいか分からないという方は、今日のこの動画を見て、聞いて、何か参考になってくれたらうれしいなと思います。何か役に立てたらと思います。

ちょっと参考になったなという方は是非いいねと教えてください。これからも、こういう転職についてのお話はちょっとずつやっていきますし、働き方、生き方についての動画もこれからアップしていきますので、是非チャンネル登録をしていただけたらうれしいです。

では今日は転職するときの、すいません、今日噛みまくっちゃったんですけど、転職するときの職場を選ぶポイントですね。三つお答えしました。また何か転職についての質問などあれば、久保のラインアットにお送りいただけたらと思います。最後まで聞いていただいてありがとうございました。久保なつ美でした。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」