社長に指名されるWEBデザイナーになる!|#18 未経験からWEBデザイナーに

社長に指名されるWEBデザイナーになる!|#18 未経験からWEBデザイナーに

久保なつ美の、「くぼちゃんねる放送」vol.18です!

▲動画です。クリックして再生してください★

現役WEBデザイナーの久保がお送りする、くぼちゃんねる!
WEBデザインのあれこれをカジュアルにお伝えしています。
第18回目は、社長に指名されるWEBデザイナーになる!
というテーマでお送りしました。

LINE@:「@kubo」で検索してね

LINE@詳細はこちら

★おすすめのプレイリスト一覧★

くぼちゃんねる ▶ http://ur2.link/CFte
人気順で見る ▶ http://u0u0.net/CtfT
Q&Aシリーズ ▶ http://u0u0.net/CtgM
プチセミナー ▶ http://u0u0.net/D1Jz

【Photoshopバナー制作動画レッスン】
を無料プレゼント!▶ http://ur2.link/CFty

文章で読むくぼちゃんねるはコチラ

皆さん、こんにちは、久保なつ美です。くぼちゃんねる放送をお送りします。ちょっとお久しぶりのくぼちゃんねる放送です。今、どこから放送を撮っているかと言うと、成田のヒルトン成田というホテルから音声を収録しています。どうも、お久しぶりです。
しばらく、くぼちゃんねる放送できていなかったので、ちょっといろんな報告することがあるんですけど、まずはどこから行きましょうかね? 9月生が始まりました。9月生もですね、Youtubeを聞いて入ってくれた方が多いので本当にそれはうれしいんですけども、8月生も今後半で、9月生が始まって、そして、中級編は後半という感じの日本デザインスクールです。

8月生なんですけど、ちょっといろいろ報告なんですけど、黄金の8月生と言われていまして、すごいうまいですね。ガンガン作品作っていて、お互いにお互い「うまいですね」と言い合って、うまい人がいすぎてプレッシャーが多いですというふうに、皆さん言っているので、久保は誰がうまいのかよく分からないという状態なんですけど、本当に皆さん頑張って作ってくれています。すごい頑張っています。それがすごくうれしいです。

レベルが高いと社長に驚かれるゼロイチWEBデザイン生!

そして、中級編の皆さんもですね、LP制作すごく頑張ってやってくれていまして、今ですね、半分くらいのデザインが終わった方が結構多いかなという感じですね。皆さんすごくスキルアップしているんですけど、それでちょっと報告なんですけども、皆さんのスキルアップしている作品を持ってですね、私、社長さんのところに営業に最近行っております。作品を持って行っております。そうなんです。最近ですね、うちのスクールの生徒さんの成長がものすごく早いということで、社長さんのコンサルタントの方からですね、社長さんに紹介いただくことが多くてですね、見せる機会が結構あります。

でですね、社長さんに見せるとですね、この間、見せに行ったんですけども、入門編の8月生の作品ですね、何名かの作品を見せたらですね、その場で、えー? と驚いていました。本当に。

めっちゃレベル高いですよ。これ」と、

その場で言っていただいて、本当に私はうれしかったんですよね。みんなの作品が、私は認めているんです。皆さんうまくなっていると自信を持って言えるんですけど、他の会社の、その方は200人くらいいらっしゃる企業さんの副社長さんだったんですけど、すごいレベル高いですねと言ってくれたというのが、私からすると本当にうれしかったです。でしょーと思ったんですよね。

しかも、まだ始めて1ヶ月しか経っていないということで、ものすごい驚かれていまして、それはすごいです!というふうに褒められました。作品を作ってくれた方の何名かには、褒められたよという報告をしたんですけど、本当に褒められますので、私はそれがすごくうれしくて、最近たまりません。

その日はお酒が美味しいなという感じなんですけど、あとですね、中級編のハツエさんの作品も見せたんです。ハツエさんを実名でラジオで話しているからいいかなと思うんですけど、ハツエさんはですね、今、ゼロイチWEBデザイン中級編のLPを作ってくれているんですけど、それを同じ副社長さんに見せたらですね、「めちゃめちゃうまいですね」と言って、「こんなのできるんですか? ものすごいレベル高いですね」と言っていました。ハツエさん聞いているかな? カリカリ音声聞いている場合じゃないですよと言いたいんですけど、本当褒められます。

しかもですね、ハツエさん中級編はですね、コピーライティングの文章だけお渡しして、あとは全部レイアウトも自分で考えるということを教えているんですけど、ハツエさんも全部自分で考えて、私は特に、どうやってやるかというコツはお伝えしているんですけど、それ以外はハツエさんが自分でやったということなので、もう、副社長さんはそれはディレクターレベルですよというふうに褒めてくれました。私もそう思うんですけど、他の会社の、特にスタッフさんすごい抱えてらっしゃるところの会社の方に言われると、もっとうれしいなということで、すごいそれがうれしいことでした。うれしかったですね。

だから、うちのスクールの生徒さんのレベルがすごく高いというのは、これ受講生の方たくさん聞いていると思うんですけど、久保が保証しますので、安心してやってくださいというのを声を大にして言いたいですね。まだ年齢のことを言う方、この期に及んで言う方いるんですけど、また、その200名くらいの会社の副社長さんに、「年齢とかも関係ないですよね? このレベルだったら?」と聞いたんです。入門編の8月生の作品見せたときですよ、言ったら、「いや、本当に関係ないです」と言っていました。

即採用!?中級編の生徒さんが作るLP!

本当にこれだけいろんな人に聞いているので、そろそろみんな信じてほしいんですけど、年齢関係ないんですよ。ハツエさんのLPを見せて、「こういう方、面接来て、ポートフォリオ持ってきたらどうします?」 と言ったら、

このレベルが来たら、即採用ですね

とおっしゃっていましたよ。ハツエさんそこ行ったら、すぐ採用されるということでしたよ。だから、本当、私はですね、自分、今まで、私は皆さんを認めていたんですけど、みんなすごいできているよと言っているんですけど、なかなかみんな信じてくれないのが、ある意味、ちょっとフラストレーションだったんですけど、最近いろんな社長さんにガンガン皆さんの作品を持って営業活動に行っているんですけど、皆さん、本当にものすごいレベル高いですと言ってくれていますし、あと、うちのスクールの生徒さんの姿勢もすごく褒められるんです。

頑張って作りたいという、どんどんチャレンジしたいという姿勢も、そういうデザイナーさんなかなかいないですよねということで言われるので、すごく評価していただいているというのを、ちょっと今日お話ししますね。お伝えします。本当。本当なんです。信じてくださいね。今度、機会があったら、その社長さんとか、くぼちゃんねるに出演してもらいたいと思っていますので、他にも社長さんいらっしゃいますので、生の社長さんの声を皆さんに直接届ける機会も作りたいなと思っています。

なので、今、入門編頑張っている方はですね、そのまま頑張って進んで行けば必ずお仕事来るのでやってほしいですね。最近、社長さんとのつながりで、ランディングページをよく外注されている社長さんが私の知り合いにたくさんいるんですけど、そこにも皆さんの作品を持っていって、主に中級編の生徒さんの作品を持って、うちの生徒さんは、ここまでできるんですよ!というのを見せびらかしに行きたいと思っていますので、そうするとですね、発注が来ると思うんです。ほぼ確実に。そのときにできる人が少ないとですね、受け切れないので、是非是非中級編までレベルアップしていただけたら、久保は本当にお仕事取ってきますのでというのを思っています。

そのために、今、ジワジワと水面下で皆さんのために活動しています。リーダーはお仕事取ってこないとということがあるので、今、敢闘していますよ。だから、みんな、自信ないとか、いつまでも言っていないで、どんどん作れるようになってくださいね。楽しいので、実際お仕事貰って、お金を貰えるという喜びを皆さんにも知ってほしいなと、最近すごく思うんですね。

入門編の生徒さんの作品を、うちのホームページのバナーに使わせていただいたりしていて、そうすると、生徒さんが本当感激で夢のようですというコメントをいただくんです。本当に分かるんです。その気持ち、私。最初に採用されたときって、すごくすごくうれしいんです。そのページを何回も見ちゃうとか、見せびらかしに、これちょっと私が作ったんだよと見せびらかしたくなるくらいうれしいの、私もすごく分かるので、どんどん皆さんの作品を使っていきたいなと思っています。

インターン生を募集しました!

だから、みんなどんどんスキルアップしてほしいなと思います。それが最近のいっぱい話すぎているんですけど、日本デザインスクールのこんな感じというところで、あとですね、インターン生募集しました。ラインアットで1回だけお送りしただけなのに、なんとですね、20名近くの方がエントリーしていただきました。ありがとうございます。

インターン大人気なんです。それは、実際のデサインをやってみることができるので、私も絶対皆さんの立場だったらやるなと思うくらい貴重な機会なのでと思って、私も皆さんに提案しているんですけど、20人くらい来たので全員ちょっとは難しいかなと思うので、これから面接するんですけど、インターン生にはですね、本当、実際の案件をやってもらって、デザインの仕事というのがどんな感じかとか、あと、実際のお仕事の難しさとかというのを楽しんで味わってもらえたらなと思っております。

だから、第2期のインターン生、多分前より人数多くなると思うのでワイワイと、また、1期生よりももっといろんな経験させてあげたいなと思っているので、是非是非エントリーした方は久保と一緒に働くのを楽しみにしていてくださいね。

久保がWEBデザイナーになるまで

すごい前置き長くなっちゃったんですけど、今日はシェアしたいことがあったんです。すごい忘れていました。今、久保はヒルトン成田というホテルにいまして、なんで来ているかと言うとですね、経営者の塾に来ています。経営者じゃないんですけど、社員なんですけど、なんで来ているかと言うと、日本デザインスクールは私がすべて運用していて、事業として私が代表でやっているので、その経営者さんの中で久保一人だけ社員という感じで、経営者の学びの会に来ています。

今日はですね、自分のコアを発掘するということで、なんでこのスクールを私がやっているのかというのを、私の過去の経験から掘り下げていくというワークをやったんです。一日かけてやって、私の人生振り返って、例えば、嫌だったこととか、辛かったこととか、何がうれしかったとか、振り返ったんですね。

すごく面白かったんです。このために私スクールやっているんだなということがいくつか出てきて、新しい発見があったので、是非皆さんにちょっと聞いてほしいなと思って、今日撮ったんですけど、すごい前置きが長くなりました。今までも何回かなんでスクールやっているのかという振り返ることはあったんですけど、今日はすごく深いところまでいきました。なんせ、この講座120万もかかっているんです。研修費用で。

なので、すごいそれなりのものを私持っていかないとという、かなりのプレッシャーの中来ているんですけど、新しい発見がですね、あったんですけど、私、デザインを始めた理由というのがですね、どうやらですね、大好きな人たちの仲間入りをしたいという気持ちがすごい強かったんだなということが今日分かりました。

私、小中高、そんなに明るくなかったんです。今から見るとですね、すごい誰とでも喋れるという印象だと思いますし、今は実際そうなんですけど、幼稚園とか全然隅っこの方で遊んでいる感じの性格でしたし、小学校でもそんなに派手なグループにはいなかったし、中学でもそこまで目立たない、高校では、ちょっとダンス部に入って明るくなったんですけど、でも、そんな派手なところにはいかなかったんです。だけど、ちょっと何て言うんですかね? メジャーになりたいみたいなのはあって、日陰にいる気分だったんです。

だから、ダンスとか始めていたんですけど、そのときの自分の、この人と仲良くなりたいなと、女の子でも男の子でも思っても、なかなか自分から行けないというところがあったんですよね。自分に自信がなくて行けないという、そんな久保がいました。

ウェブデザインやった理由がですね、多分みんなにかっこいいなと思われたかったみたいなのあると思うんですよね。手に職とかいろいろあるんですけど、多分内面的なところを掘り下げていくとですね、かっこいいなと思われたかった。何か得意なものというか、特技があれば結構人に受け入れられるというか、人気者になれるということを多分どこかで感じていたんじゃないかなと思います。

私の一番のコンプレックスは結構日陰にいるというか、自分が明るくない、小さいときとか特にそうだったんですけど、うちの姉が明るくて、私は結構、写真とか見ると分かるんですけど、すごい大人しい感じだったんです。そんな自分が、あまり外で自分を出せないというのがすごくコンプレックスで、そういう時代があったんですよね。だから、多分、私がスキルを身に付けたのって、自信を持ちたかったとか、そういう自分の憧れる人たちとか、大好きな人たちの仲間に入れてほしかったという、そういうところから私、デザイン始めたんだなと、今日振り返っていて思いました。

だから、スクールをやり始めて、どういう人に一番伝えたいかというと、やっぱり自信がない人とか、私なんてという人とかに、私はウェブデザインを教えるのがすごく一番しっくりくるというか、教えてあげたいなと思うのは、多分それは皆さんの生徒さんが昔の自分に見えるからということなんだろうなと思いました。

だから、放っておけないし、皆さんにもスキルを身に付けた後の自信とか、本当スキルが身に付いて、そこから自分の尊敬する人と仕事をできるようになった今では、本当にそれが昔では日陰にいた私が、すごく日当たりに来れるような人生にあったので、それを他の人にも、それを経験させてあげたくて教えているんだなということが、今日振り返っていって、分かりました。

あなたこそ来てください!交流会!

そうなんです。それは新しい発見だったんですけど、多分それが自分の中のルーツになっているんだなと、今日分かりました。だから、たまにですね、交流会とかやると、私なんて行っていいんですか? と言われること多いんですけど、

いやいや、あなたこそ来てください

と私はいつも思うんです。私のコミュニティは私が主役なんじゃなくて、生徒の皆さんが主役なんです。だから、できるだけ私はちょっと最後だけ挨拶はするけど、皆さんが盛り上がっていて、入れない人を陰からポンポンと教えて中に入れてあげるということをするのがすごく楽しくて幸せなんです。

だから、うちのコミュニティって、どっちかと言うと、前から派手なグループにいましたという感じよりは、ちょっと大人しい感じとか、控えめな感じとか、優しいんだけど、あまり前に出てこないとかという感じの方が多いのは、多分元の私ですね。元の私に近い方が多分引き寄せられて来ているんじゃないかなというのも、今日新しい発見でした。

だから、そういう方をですね、私は、スキルを身に付けさせて、カリスマのスキルですね。一流のウェブデザインのスキルを身に付けさせてですね、身に付けさせてって、おかしいですけど、教えて育てて、それで本当に日当たりの中で、本当に日が当たるところに出してあげたいというのが私の多分ルーツなんだろうなと思います。

そうなんですよ。そこが見えてきただけでも今日はすごく収穫で、あ、そのためにやっているんだなということが分かったんです。最近なんですけど、昔、くぼちゃんねる放送の第2回か3回目で久保の一番最初すごく落ちまくったときに、その場で採用してくれたヤマモトさんという方を紹介したんですけど、その方とですね、一緒にカメラ講座を今度やれることになりまして、一緒にコラボすることができるようになったんです。

それもすごくうれしくて、当時、本当にお世話になった方ですし、すごく尊敬している方なので、一緒にできるのがすごくうれしいんですけど、それも多分、私がスキルを身に付けてきたから、こういうことが起きたんだなと思うと、あー、良かったな、頑張ってきてと思います。

なので、みんなにも頑張っていけば、憧れの人と仕事ができるとかということが本当に現実に叶うんです。私みたいなタイプの方って、努力するの全然大丈夫みたいな方多いので、だったら、絶対いけるんです。本当に絶対いけるから、それはサポートしたいなという気持ちが久保にはあります。それをちょっと今ダラダラ話していて、伝わっているか、伝わっていないか分からないですけど、そういう思いでやっているんだということを今日発見しました。

楽しく努力をしよう!

あとですね、今日やっていた中で出てきた単語が、努力とスキルというのがすごい出てきたんです。いたるところに努力、スキル、努力、スキルと出てきたんですけど、それ最初見たときに、努力という言葉が私はあまり好きじゃなくて、努力、努力、ものすごい努力しているじゃんと、恥ずかしいと思ったんです。

試験勉強とかでも、あまり勉強しているのばれたくない派だったので、あまり努力という言葉が出てきて恥ずかしかったんですけど、それを先生のハマダさんという方なんですけど、ハマダさんに言ったら、「努力を見せたくない人って、ものすごい努力しているよね」、ハハハと笑われて 確かにと思ったんですけど、努力というキーワード、努力をして、スキルを身に付けるというのは、多分私の、それもコアに近い部分なんだろうなというのが、今日発見されました。

その瞬間ですね、努力とか言うと、うちの生徒さん怖いと思っちゃうんじゃないかなと思ったんですけど、考えてみると、私にすごいついてきてくれる方、中級編に来てくれる方とか、いろいろ受けてくれる人とか、ハツエさんとかって、完全なる努力の人だなということを思い出しました。

なので、あ、やっぱりそういう人をサポートする縁なんだなと思うんですよね。私はちょっと恥ずかしいと思っちゃうんですけど、でも、やっぱり努力は必要というのは当たり前と思っているので、今後はですね、ちょっと恥ずかしいんですけど、やっぱり努力必要というのは出していこうかなと思っています。

楽しい努力ですね。私の場合は。楽しく努力するというところを大事にしているんだな、価値観としてというのが今日分かって、それも新しい発見でした。ちょっと恥ずかしい発見だったんですけど、そうなんです。すごく14枚くらいのワークシートをぎゅーっと書いて埋めていたので、本当自分の人生振り返ったんですけど、努力、スキル、あと、日陰から日向へというのと、あと、仲間に入れてほしいというのと、尊敬する人と仕事したいというのが、私の中にすごくあったみたいです。あと、輪の中に入りたいということで、多分先生やって、コミュニティ作っているんだなというのが分かりました。

面白かったです。本当に。まだ明日あるので、明日もまた大変なんですけど、帰ったらですね、皆さんにこの経験もシェアできたらなと思います。もう気付いたら、あれ、22分も喋っています。くぼちゃんねる放送、たまに撮ると言いたいこと溜まりすぎて長くなっちゃうというのは、皆さん知っていると思うんですけど、みんな聞いてくれている人がいるの知っているので、ちょっと話すぎちゃいました。本当にありがとうございます。本当にうれしいです。聞いてくれている方、大好きです。本当に。本当に大好きです。これからもですね、こういう何話しているのか、よく分からなくなってくる、くぼちゃんねる放送なんですけども、もし楽しかったら聞いてくれたらうれしいなと思います。

今後はですね、もうちょい定期的にいきたいですね。たまに、こういう長いやつ一本というよりですね、こまめにいきたいなと思うんですけど、やっぱり毎日すごくいろんな仕事が楽しく充実していて、収録する暇がないという感じになっちゃっているんですけど、撮ったら撮ったで長く撮っちゃうという、今、バランスを崩しているので、スタッフのヒガシサワさんにその辺スケジュールコントロールしてもらいながらやっていきたいと思います。

まだまだ話したいこといっぱいあるんですよ。カメラマンさんにヤマモトさんに、スタッフさんに写真を撮ってもらったのも、超楽しかったですし、他にも、妊活協会の皆さんともお台場のバーベキューとか、いろいろありますし、ストアカさんの五周年パーティに行ったこととか、いろいろシェアしたいことあるんですけども、一週間濃すぎて濃すぎて、シェアできないという事態ですので、こまめにやります。反省します。

努力は報われます!

ということで、まとまらないんですけども、25分喋っているので寝たいと思います。皆さん、聞いている方、受講生の方もそうでない方もいらっしゃると思うんですけど、今の努力は必ず報われます。努力は報われるべきなので、久保がですね、皆さんの努力が報われるようにサポートしますので、みんなの、私も皆さんをどんどんどんどん日当たりに出していけるように。

私のようなですね、感動のある仕事とか、本当に喜びのある仕事とかを体験できるように、ガンガンガンガン引っ張っていきますので、是非皆さん迷いなくついてきてください。途中で迷って、入門編から、例えば、中級編にいかないとですね、1回ふーっとなって、立ち上がるのまた大変なんです。だから、是非、今歩いている方はそのまま歩いて、むしろ、ちょっと助走から走るくらいやってもらえると、その後、お仕事来たときにすっと渡せるので、だから、みんな途中であまり止まらないでほしいなと思います。

いろいろ金銭的なこととかあると思うんですけど、久保も今、120万の講座に来ていますし、やっぱり何かを得るためには、人生変えるためには、何かしらの投資は必要です。それは本当にそう思います。行きたいなと思う方とか、もっと本気でウェブデザイナー目指したいという方は、是非中級に来てほしいなと思います。10月の中旬から始まりますので、また案内しますが注意しておいてくださいね。

はい、では、そろそろ終わりたいと思います。皆さん未来は明るいですよ。私もどんどん営業していきますし、社長さんたちの反応もいいので、スキルと努力ですね。恥ずかしいですけど、努力を報われるところでやれば、絶対未来開けてくるので、コツコツコツコツ、そして、楽しくやっていきましょう。

ということで、ちょっとロングバージョンのくぼちゃんねる放送は以上となります。いつも皆さん何しながら聞いているか分からないんですけど、何かしながら聞いていると思うんですけど、聞いてくださって、ありがとうございます。最後まで聞いていただいて、本当にありがとうございました。久保なつ美でした。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」