40代でも45日でここまでデザインできた!!40代女性の転職|チームオーバー40が未経験からWEBデザイナーに挑戦!obaちゃんねる vol4

「40代の転職なら女性が輝く!WEBデザイナー 」obaちゃんねる

▲動画です。クリックして再生してください★

1年間スクールに通って、
やっと作れるようになったホームページ….
そのページ本当に実際の現場で使えますか?

日本デザインスクールでは、45日で1年間通ったスクールよりも
圧倒的にお客さんに喜ばれるホームページが作れるようになるんです!

今回は日本デザインスクールに通って生徒さんが作った
ホームページのビフォーアフターを公開します!

LINE@:「@kubo」で検索してね

LINE@詳細はこちら

★おすすめのプレイリスト一覧★

くぼちゃんねる ▶ http://ur2.link/CFte
人気順で見る ▶ http://u0u0.net/CtfT
Q&Aシリーズ ▶ http://u0u0.net/CtgM
プチセミナー ▶ http://u0u0.net/D1Jz

【Photoshopバナー制作動画レッスン】
を無料プレゼント!▶ http://ur2.link/CFty

文章で読むObaちゃんねるはコチラ

デンデンママ:みんななんか、さっき大変な事って言ったんだよね?

ひろりん:なんか大変だった事とかあったかな?って。

デンデンママ:今、大変だったっていう事よりはやってて良かったねって話が多かったね。働きながら子育てで良かったねって感じだった。

月子姐さん:そんな、大変が普通になるから、大変と思わないかも。

デンデンママ:すごい、いいこと言ったね。ほんとにそうだね。

月子姐さん:だって、毎日毎日だもん。

デンデンママ:そうだね。ようちゃんのとこもそうでしょ?3人いたらさ、誰かが風邪引いたらね、みんなで順繰り風邪引いちゃったりさ。

ひろりん:みんなインフルエンザになっちゃうんだよね。

デンデンママ:そうそうそうそう。

オーイェー:でも2人同時に水疱瘡だったけど、それはでも助かったね。2人同時だから。

デンデンママ:優しいよね。同時だからね。

ひろりん:いっぺんにかかってくれるってのはありがたいね。

オーイェー:1回ね、1回でっていうかさ。

デンデンママ:すごい優しさ

オーイェー:すごいねーと思って。

デンデンママ:私ね、家族全員がやっぱり順繰りインフルエンザが1回だけあったよ。家族4人か、1人だけあぶれた子がいたんだけど。で、最後とどめに私がなって。だから1か月休んだよ会社(笑)。

ひろりん:1か月?

オーイェー:1か月も休んだの?

デンデンママ:そう。

月子姐さん:そうだよね。5日間だもんね。

デンデンママ:ほんとやりようがないじゃない?で、みんなで全員かぶんないの。1人が復活したらなるの。

オーイェー:ま、2週間後になるからね。

デンデンママ:そうそうそう。

ひろりん:おたふく風邪みたいなもんだね。

デンデンママ:そうそう。で、なんかでも会社の人達がいい人で、私パートだったんだけど、「タナベちゃんもしょうがないよ、全員来るからね」って言われて「そうですか?」って言って、ほんとに全員きたの。

ひろりん:でもね、来られても嫌だしね、インフルエンザの人にね。

デンデンママ:そうだよ、そうだよ、移っちゃうしね。うちなんかドライバーさんが移ったら大変だったからさ。

ひろりん:あー、そっかそっか。

デンデンママ:車動かなくなっちゃうと困るからって言って。絶対移せないみたいね。みんな働いてて大変だったっていう事よりも。

ひろりん:うん、楽しかったって事が…。

デンデンママ:楽しかったっていう事のほうがやっぱり多いんだね。

ひろりん:そうだね。なんかね、仕事って大変大変って聞くけど、なんかみんなそんな仕事が大変って感じじゃなかったね。今までね。

資格より実践が大事なんです!

デンデンママ:マスダさんはさ、子どもが何歳になってから働き出したの?

ひろりん:私は、1年生のときに、小学校の理科の授業に入って、実験をお手伝いするっていう仕事があって。

デンデンママ:え?!

オーイェー:仕事なの?

ひろりん:理科支援員っていうのがあるんだけど、それが新聞に載ってたのね。で、面白そうだなと思って応募して、1年間理科の実験の手伝いをしてたのが1年生のとき。

デンデンママ:え、すごい。それってさ、教員免許とかいるの?

ひろりん:それは要らないんだけど、そこで20年経って初めて教員免許を取っとけば良かったと後悔し(笑)。

デンデンママ:教員免許持ってると、図工の先生とかも出来るんだってね?

ひろりん:何の先生?

デンデンママ:図工。

ひろりん:そうだね。なんかね、そうそうそう。

デンデンママ:先生が足らなくて講師みたいな?

ひろりん:そうそうそう。お手伝いとかも出来るから。そうそう、だから。で、職員室で、みんなで給食とかも食べてたの。

デンデンママ:へー。

ひろりん:いろんな話をしてて、教職を持ってないのは私と用務員さんだけだったのね(笑)。そう。だからすごい言われて。「何で取らなかったの?」って言われて。ちょっとだけ後悔したかな、20年経ってね。

デンデンママ:そうだね、用務員さんと2人じゃね。

ひろりん:でも資格が無くても出来る仕事はいっぱいあるし。WEBデザインもそうじゃない?ね。そうそう、あるよ。クリエーターの試験とかあるけど、私WEBの学校に5か月行ってたんだけど、クリエータの試験もみんな受けたんだよね。でも、持ってても活かしてない。ほとんど活かしてない人ばっかり。

デンデンママ:それが要らないよっていうのも、デザスクに来るまでは知らなかったね。

ひろりん:そうそう、あったほうがいいと思ってたから。でもあんなにね、すごい人と仕事してる久保先生も持ってないじゃない?確かに。実力があれば。

月子姐さん:なんだろ、何々士って付いてる資格があるでしょ?それでその職業に就くのであれば、もちろん必要なものだけど、あと免許証ぐらい?

ひろりん:あ、そうそうそう。車の免許ね。

月子姐さん:車の。車の免許証とか、それ以外の資格は…。

ひろりん:要らないって言うよね。お花の先生も要らないし、あるけど。

月子姐さん:実践のみだよね。

ひろりん:そうそう、できれば要らないから。実力主義。

月子姐さん:そうだよ。

デンデンママ:すごいね。でもそんなの知らないでね、一生懸命…。

ひろりん:そうそうそう、一生懸命。

デンデンママ:資格ね、取らなくちゃ、これから取らなくちゃって思う学生とかさ、いっぱいいるよね、きっと。

ひろりん:そうそう、で、資格とった後にさ、更新料とか払わなきゃいけない資格とかあるじゃない?

デンデンママ:そうだね。

ひろりん:そう思うとなんか、いろんな知識があったほうがいい

デンデンママ:ほんとんだ。

月子姐さん:経験だね、全て

デンデンママ:ほんとだね。そうだね、やっぱり経験する。でもそういうのをやっぱり知ってるところに行かないと…。

世の中の情報を全て鵜呑みにしてはダメ!

ひろりん:そうそうそう、なかなか。正しい情報とか、自分で探してかないと辿り着かないっていうか。情報が多いじゃん。

月子姐さん:某スクールだとさ、資格コースみたいなのがあったりするもんね。

デンデンママ:うーん、そうだよね。

ひろりん:そう、それに何十万も…。

月子姐さん:ね、もったいないね。

オーイェー:え、WEBで?

月子姐さん:うん。

ひろりん:WEBもあるよ。クリエーターコースとか。そうそう、クリエーターの試験自体がすごい高い、1回受けるのに。

デンデンママ:えー。

ひろりん:でも持って…。

月子姐さん:合格を目的としたコースでしょ?

ひろりん:そうそうそう。

月子姐さん:合格を目的としたコースだから、実践を学ぶことはちょっとないかもって。単なる想像だけどね。

ひろりん:なんかね、ソフトの使い方とかは勉強するし、素材を使ってホームページを作りましょうとか、そういったことはやるけど、自分のデザインは身に付かないから。でも、もうコーディングとかも海外に頼んだほうが安い時代だし、そっちがお勉強するよりもデザイン勉強したほうが絶対いいかなって。

デンデンママ:まあ、知らないとね。ほんとに知ってるのと知らないのって大きな差だよね。

ひろりん:そうだね、大きな差だよね。

デンデンママ:だって、同じお金払ってさ、同じように頼むわけじゃん、勉強するわけじゃん?一応。どっちにしてもさ。

ひろりん:そうそうそうそう。

デンデンママ:だけどやっぱりね、当たり前だけどさ、道がこうやって2本あってさ、こっちの道が自分は正しいと思って一生懸命進んでてもさ、すごくまじめにね、一生懸命一生懸命こっちに進んでても、行き止まりだったらどうしても行き止まりなんだよね。すごいまじめに進んでもね。

ひろりん:だからね、正しい情報を得ないといけないなと思って。

デンデンママ:ほんとにそうだよね。

日本デザインスクールがグローバル化しました!

ひろりん:今ね、私の隣にインターンのコウさんっていう女の子がいるのね。

デンデンママ:あ!すごいね。中国の方でしょ?

ひろりん:そう、中国のコウさん。女の子です。

月子姐さん:どこでやってるの?

ひろりん:ん?

月子姐さん:あ、オフィスで?

デンデンママ:本当に今じゃないよ。

月子姐さん:本当に今いるの?

ひろりん:そうそう、いるよ。

デンデンママ:え?オフィスなの?

月子姐さん:今どこにいるの?

ひろりん:あ、違うよ、今日は家だよ。

デンデンママ:でしょ?(笑)。

月子姐さん:あ、びっくりしたー。

ひろりん:違う。今日は家だけど、会社の私の隣に。ごめんね。

デンデンママ:急にね、リアルっぽかったよね、確かに。

ひろりん:ほんと?

月子姐さん:そんなカーテンオフィスにあったっけ?って思って。

ひろりん:なんか、日本デザインっぽい?ごめんね、私の、もうオーバー40だからさ、話が飛ぶんだよね。あと女性はさ、1つのことから連想してくでしょ?セミナーで受けたばっかりなんだけど。

デンデンママ:なんかさ、すごいよね。1人マジカルバナナみたいになっちゃうんでしょ?

ひろりん:そうそうそう。

月子姐さん:懐かしい。

ひろりん:一つの言葉からウワーッていろんなことを連想してって、自分の中ではいろんな話が出来上がってるのが…。

デンデンママ:そう、1個ずつ行ったのに、全員が知ってると思って「隣に」って(笑)。

ひろりん:そうそうそう。もうね、この以心伝心に会話をしてるみたいな。

デンデンママ:あー分かる。

ひろりん:そんなかんじでオーバー40あるあるだった。

デンデンママ:そうだね、あと女の人ね。

月子姐さん:今から紹介してくれるのかと思ったもん。

ひろりん:ああ、「コウさんです」って?

月子姐さん:そうそう。

ひろりん:なんかね、コウさん、そうそう今日はさ、いろいろ編集してて、コウさんの話、久保先生もしゃべってて、「名前ピー入れたほうがいい?」って言ったら「いいですよー」って言ってたから(笑)。コウさんの話をしてた。

デンデンママ:あ、名前名前、あー。

ひろりん:で、コウさん、中国の方がいるんだけど…

月子姐さん:お写真も出てくるかね?

ひろりん:じゃあ、今度載せちゃおっかな。かわいいんだけど、コウさん。コウさんが1年間、すっごいすっごい一生懸命学校に行ってできたホームページと、入門編で45日で学んだホームページの比較っていうのがあって、それがすごい面白い。笑っちゃいけないんだけど、面白い(笑)。

月子姐さん:見たい。

デンデンママ:えー、それ見たいね。

ひろりん:コウさんは、レッスン動画を直してくれた。

デンデンママ:そうだよね。

ひろりん:そうそう。

デンデンママ:すごいよね。

ひろりん:入門編の中国語版があるの。

デンデンママ:ね、やばいね。

ひろりん:そう、ちゃんと先生の口に合わせてコウさんしゃべってる。

デンデンママ:すごくない?

ひろりん:そう、だから、先生の久保先生の口に…。

デンデンママ:アフレコなの?

ひろりん:それをコウさんが一生懸命こうやって合わせてやってる。

月子姐さん:ほんとだね。

ひろりん:結構ね、再生されてるよ。中国語版。

月子姐さん:久保さん、女優みたいな。

ひろりん:そ、だから、先生が「私中国人にしか見えないね」とか言って(笑)。

オーイェー:あ、見た。

ひろりん:見た見た?

オーイェー:見た見た。ほんと中国人(笑)。

ひろりん:ね、中国人みたいでしょ?

オーイェー:そう。

デンデンママ:すごいね。

ひろりん:すごい上手い。

日本デザインはエネルギーに満ち溢れています!

月子姐さん:私ね、昨日かおとといに、45日で出来るっていうページを初めて見たのね。遅いんだけど。

デンデンママ:アハハハハ。

月子姐さん:あの、新しくなって。

デンデンママ:あーあー。

月子姐さん:新しくなったでしょ?あれを見て、すご!って思って。あのページ惚れた。

ひろりん:すごいよみんな。

月子姐さん:すごーいとか思って。大好きこれとか思ったら、カタディだった。

デンデンママ:そんなにすごいやつなの?45日でできるはいつも見てるんだけど。

月子姐さん:なんだろう。

デンデンママ:変わったのかな?

月子姐さん:なんか一目惚れする。

ひろりん:それさ、カタディさんのページに一目惚れしたの?

月子姐さん:そうそうそうそう。

デンデンママ:カタディが作ったやつがあるの?

ひろりん:なんか、カタディさんが作ったっていう記事の載っているっていうLPを見たってことなの。

月子姐さん:LP。

デンデンママ:そのLPがすごいの?

月子姐さん:私は惚れた。

デンデンママ:えー、見てみたいな。

ひろりん:ちょっと明日伝えとくね、目の前にいるから。

月子姐さん:なんかね、一番衝撃を受けた、最近。

デンデンママ:えー。見たい、見たい。

月子姐さん:なんかすご!と思って。

ひろりん:じゃあ、ここにまた出してもらおうか。ホームページ。

月子姐さん:ピコってね。

デンデンママ:そうだね。

月子姐さん:やっぱ男の人が作ると違う、と思って。

ひろりん:あー、そっか。視点が違うかもね。

月子姐さん:視点が違う。私もしかして男視点なのかな、と思っちゃった、自分が。

デンデンママ:え?そう?

月子姐さん:なんかね…。

ひろりん:なんかさ、こないだデンデンが言ってたけど、自給自足じゃないけど、何でもできるじゃない?日本デザイン。

デンデンママ:そうそうそうそう。そうなの。

ひろりん:卒業生がいたら。何でもできちゃうね。すごいなと思って。

デンデンママ:ほんとに、何でも自炊だよね。ごめんね、長男帰ってきてガタガタうるさいからイヤホンにするね。ご飯どうぞ、食べていいから。

ひろりん:LPも作れるし、ホームページも作れるし、バナーも作れるし動画も作れちゃうじゃん?

デンデンママ:で、何よりさ、ほんとにそのディレクターみたいな仕事ができる人がいて、コダカさんだっけ?はね、すーごい上手だよね、みんなの割り振りしたりさ。あの人すごいなと思って、ほんとに、何ていうの、適材適所で一生懸命誰かをっていうふうにやるよりも、みんなに「これこれやりたい人?」ってみんな「はいはいはいはい」って。すごい積極性があってさ。で、やっぱり物事を一番進むのってさ、やる気じゃない?ね。だからさ、すごい出来がよくなるよね。

ひろりん:っていうかさ、みんなさ、普段働いてるじゃない?働いてるのにインターンで夜遅くまで来てくださるし。

デンデンママ:4時間他の仕事したらめっちゃお金稼げそうな感じだよね。

ひろりん:そう、で、土曜日もね、来てるし。この人達いる寝るんだろうと思って。すごいなと思って。

デンデンママ:そうだよね。でもやっぱりそれはね、やりたいからなんだよね。

ひろりん:そうそう、そのエネルギーすごい

日本デザインで経験したい人、増えてます!

デンデンママ:だからやっぱり、やりたいもの。

ひろりん:やりたいもの。

デンデンママ:で、あと自分が情熱を傾けてもいいかなーって思えるものだと。だってそうじゃなかったらさ、自分の時間使えないよね。

ひろりん:だって、デンデンもそうだけど、遠くからみんな出てきてやりに来るわけでしょ?

デンデンママ:そうそうそう。

ひろりん:すごいなと思って。

デンデンママ:そう。出て行かないけどね。(笑)。もうインドアでやってくけどね。私はもうZOOMだけで作業していくよ。あまりに僻地だからさ。でもほんとにみんなね、時間をね、自分の時間を割いてでも日本デザインで関わりたいっていう気持ちがすごいあるもんね。

ひろりん:そう、でも同じ事をもう1回やらせてもらえるわけじゃない?サポートって言ってももう1回自分も勉強できるからさ。こんなにプラスになることはないから、みんなが名乗りを上げてしまって、そう。募集人数に対して何倍もの人が来てるから。

月子姐さん:そうなの?

ひろりん:みんながやりたいって言ってて、サポーターを。

デンデンママ:募集人数何人だったの?

ひろりん:多分3人とかそれぐらいでしょ?

デンデンママ:嘘だよ、3人に久保さん呼びかけないでしょ?

ひろりん:っていうか、最終的には3人ぐらいじゃない?

オーイェー:あ、そうなんだ。

デンデンママ:そかそか、面接するからか。

ひろりん:そうそうそうそう。で、声はかけるけど、だってそんなにたくさんグループないでしょ?

月子姐さん:そうだね。

オーイェー:あ、そうなんだ。

ひろりん:3グループぐらいしかないでしょ。

デンデンママ:サポーターきっといっぱいいるよ。サポーター1個のグループに5人ぐらい入れちゃうんじゃない?

ひろりん:ほんと?すごいしゃべってたら、結構いい時間になったので、1回締めましょうか。(笑)。

月子姐さん:あ、ほんとだ。

ひろりん:では今日もobaちゃんねるを見てくださってありがとうございました。もし今日の番組が良かったなとか、お役に立ったと思われる方はぜひチャンネル登録をしてください。今日もありがとうございました。

月子姐さん:ありがとうございました。

オーイェー:ありがとうございました。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です