「気遣い」と「感謝」

「気遣い」と「感謝」

こんにちは!久保なつ美です。

今日はちょっとした小話を….

私の弟子(?)となった丁稚奉公スタッフ=小僧さんの丹澤さん。
いつも火曜、木曜に来てくれてるんですが、彼女が来てくれることで事務所が明るくなっています。^^

丹澤さんは自分のことを「超ネガティブ」と言っていますが、
(そうかもしれないけど)実は周りを明るくする力を持っています。

こういう人は人に好かれますし、協力してもらえるお得なタイプです。
例えば彼女は丁稚奉公に来てからというもの、
毎回、何か、食べてます。笑

会社に届いたお歳暮、ピザ、パーティでワイン、ご飯、
などなどいつもご飯を食べています。笑

丹澤さんが、「ご飯食べたいです」と言っている訳ではないけど、いつも何か与えられるのです。
これ、不思議です。皆が皆、こうはならないですね。

「なんで彼女はこんなに与えられるのか?」

これは100%彼女の人柄からきているものです。

丹澤さんは自分から率先して「気遣い」が出来る人。こちらから何も言わなくても、
お茶を出したり、食器を洗ったりしてくれます。

出来そうで、これが皆できないんですよね…。

そして、何かもらった時はちゃんと感謝して受け取ることができる、
当たり前と思わずにしっかりと感謝することができる。

これも彼女の良いところです。

だからいつも人よりも多く与えられる。

これは最近仕事をしていて本当によく思いますが、
「気遣い」と「感謝」が出来る人は万人に好かれます。
スキルがなくても、ネガティブでも関係なく、サポートしてもらえるのです。

とくに「感謝」はとても大事ですね。
何かを与えられた時に「当たり前」という態度でいる人は二度と与えられなくなります。
私も今は何かを与える立場になることがあるので、よく分かります。
「気遣い」と「感謝」
これは世の中でうまく生きる割と重要な「コツ」なんじゃないかな〜と思います。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」