センスのある優等生に関して

センスのある優等生に関して

こんにちは!久保なつ美です。

前にセンスの話をしましたが、今日はちょっとその補足をしたいと思います。

「WEBデザイナーってセンスがなくてもなれる?」
という質問に前に、全然大丈夫!センスなくてもOK!!

と言いました。ちょっと補足です。
センスがなくてもなれますが、
もちろん、もともとセンスが良い人は、います。

オンライン講座の宿題を見ていると特に分かりやすいです。
はじめてバナーを作ったのに、いきなりすごく綺麗な作品を出してくる人って、いるんですよね。笑
他のひとからすると、「前に何かやっていたんじゃない?」って感じですが、そうではない。
デザインも、photoshopもはじめて!なのに、なんかうまいっ!!

っていう人は必ず毎回二、三人います。

これを見ると、センスあんまりない組は、「あぁ、やばい、自信なくなってきた」となるのですが、そこで自信なくさないでほしいんですね。

センスの良いひとは、もともと、ファッションとかが好きだったり、小物とか好きだったり、雑誌とか読みまくっていたりするんです。
これまで生きてきた中で身につけてきたんです。

そういう人はセンスを磨きながら生活してきたので、作る作品もちょっと差があるのは当たり前。
むしろない方がおかしい、んです。

そこで、自信をなくすのではなくて、「これはセンスを身につけるいい機会だ!!」
とか前向きに考えてもらえたらと思います。
全然センスなかった人でもちゃんと作れるようになっているので、大丈夫ですよ。

そして、センスがある人は逆に自信を持っちゃってほしいですね。
意外とセンスあるのに自分の才能に気づいていない人、価値を感じていない人が多いので。

「私、センスある?♩」と少し調子にのっちゃっていいと思います。
ガンガン成長してください。
ちなみに私は「もともとセンスがあった」と思い込んだタイプです。笑
実際にはあんまりなかったかもしれないですが、「私センスある?」と完全に思い込みました。

その調子でここまできましたね。

気の持ち用、かもしれませんね。笑

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」