ママ業2年目!未経験スタートが45日で主婦からwebデザイナーを目指す!

こんにちは、現在おてんば2歳の子育て真っ最中なアラフォー主婦ヨコです。今、新しいスキルとキャリア習得の為にまったくの未経験から、WEBデザインを学び始めたんです。

最近ふとよく考えていることがあります。それは、40代になってからの自分の姿や仕事復帰のことを。

小さな子供を抱え、今はフルタイムで仕事復帰はまだ考えられないけれど、子育てが少し落ち着くとなるともう40歳、その頃の自分の姿を想像した時、私は何をしていたいのか?何を楽しみたいのか?など。

子供が2歳になり、ちょっとだけこんなワクワクするような自分の未来を想像する余裕が出て来ました。私の周りのママさん達ともよくこういう話をするんですよね。

子育てや家事の合間にも何かをスタートすることだって出来るんじゃないのかなぁ?子育て一段落からではちょっと遅いような気がする。

だから「今から出来ることや自分のこれからの可能性を見つけたい」なんて思うんです。

でも子育てや家庭に支障は出せないし、もちろん家族、とくに旦那さんからのサポートはとても必要になりますよね。今回はそんな育児中主婦がどのような経緯でWEBデザイナーを目指そうと思い、どのような手段で勉強をスタートさせたのかをご紹介したいと思います。

現在の自分の状況を把握してみる(どうしてwebデザイナーになりたいの?)

現在、私は子育て真っ最中のかたわれ在宅で週に1、2日程度に仕事をしています。それは子供が生まれるまでずーとしてきた経理のお仕事で、フリーランス契約でスモールビジネスのお手伝いをしています。

もう長年もの間してきた職種で、決して嫌いじゃないし、自分の性格にもとても合っている気がします。なのにどうして~?!今更40歳を手前にキャリアチェンジ?WEBデザイナー?!と思われるかもしれませんね。

しかし、”今”だからだと思うんですよ。がむしゃらに働いた20代、結婚出産と人生の大イベント続きの30代前半、さて30代後半がやってきて次は何?

人生一度きりだし、多彩多様に生きなければ後悔しちゃう、そうだ、やりたかったこと”好きなこと”で新しいキャリア、手に職、そして育児中主婦でも活躍出来るスキルを身に付けようと思い立ったんです。そしてそれがかたちになり、40代の自分を磨き輝けたらなんて楽しいんだろう、なんて思います。おまけに主婦が自由に使えるお金が稼げるってこともね。

その”好きなこと”って?

私は、とにかく制作意欲が旺盛でモノを作ることが子供の頃から大好きでした。クラフトでモノを作ったり、部屋の好きな空間をデザインしたりと、何かを表現する面白さがすごく好きです。その他にも写真編集やアルバム作り、友達の結婚式へのスライドショーなど、楽しくて楽しくてついついパソコンの前で何時間も費やすこともよくあります。

「この”好きなこと”を仕事に?!そんなの出来る?いや、出来るんじゃない?」なんて思いながら、以前から興味はあったけれど、なんだか何から踏み出していいのか分からないまま諦めていた、WEB上でモノをデザイン、表現するというスキルx職のWEBデザイナーについて調べてみようと思ったんです。

そう思い立ったが吉日!早速インターネットでリサーチ、そしてたどり着いたのが、日本デザインスクール代表久保なつみさんの動画配信でした。これだ、と思ったんですよね。

代表久保さんのメッセージにもあったように、好きなことを仕事に出来たら楽しいに決まっている。想像しただけでも胸がワクワクしてしまいますね。自分のアイディアを形にして、それを表現し、人に喜んでもらえる仕事が出来たら最高~なんて思います。

何から手をつければいい?勉強方法にはなにがあるの?

いくら制作意欲旺盛なんて言っても、そこは全て趣味の領域であり、今までプロの方に写真編集を始めデザインなど習ったことももちろんありません。さぁ、何から手をつければ...いいの?

WEBデザイナーはフリーランスで働く人も多いですが、まずはWEB制作会社に入社し、経験を積むことが一般的のようです。資格などはとくに必要ではありませんが、まったくの未経験者を採用しているところは少なく、ある程度の技術が求められます。その技術とは特に”デザイン”が出来るということ。そこでWEBデザインの勉強をスタートさせるには、この2つの手段があることを知りました。

・独学

一番お金のかからないもので今すぐスタート出来る方法です。今日、インターネット上には最新の情報が無料で習得できる環境が整っていますからね。土地を選びませんし、地方の方で近くにスクールがないという方や、時間に限りがあり通学が難しいという方にお勧めだと思います。

しかし、時間の管理は自己責任です。ダラダラと時間を過ごしてしまったりすれば、それだけ時間がかかってしまいます。そして、もちろん独学なので質問に答えてくれる人も褒めてくれる人もいません。

・スクールや講座

WEBデザインの講座があるスクールに通うという方法です。お金はかかりますが、お金をかけた分時間が定められ集中する事が出来ますし、先生がついて教えてくれるので飲み込みは早いです。

スクールにもよりますが、リアルタイムで働いている現役デザイナー講師がいれば、現在のWEB事情を把握出来るのもポイントです。また、スクールは人脈づくりのチャンスでもあります。他の生徒さんとの情報交換はもちろん、卒業生の声も聞け、卒業後同業他社で働いている人のつながりも出来るでしょう。

全てにメリット、デメリットはありますが、よく考えて自分の状況に合う手段を選ぶのが一番だと思います。子育て真っ最中ママの自由な時間は、とても限られいますからね。

私の場合、独学はちょっと興味はありますが、時間がタイトな育児中主婦にとっては、情報収集等に時間がかかり過ぎてしまうかな、というところと、独学で勉強を進めていく中で分からない事が発生した場合の処理、解決にこれまた時間がかかり過ぎてしまうだろう、というところが気になりました。

ということはスクール?といっても近くにスクールはないのでデザインスクールのオンラインクラスはどうだろうかと調べてみました。

オンラインクラスであれば、時間や場所の制約がなく、子供を寝かしつけた後に勉強をすることが出来ます。夕飯の準備中にレッスンの配信ビデオを聞いたり、講座で分からないことがあればビデオを何回でも見直すことが出来ます。

そして、なにより魅力的だったのが、現役のWEBデザイナー講師へ質問が出来、アドバイスがもらえ、最新の業界情報を共有してもらえるというところです。

そんな私にぴったりなオンラインクラス、私はこちら、日本デザインスクールのゼロいち入門編を受講することにしたんです。

http://design-school.online/lesson/zero1lp/

ここで私が学んだことは?

まず一番最初に取り掛かったのが、Photoshop!Photoshopには超基本的な写真加工など趣味レベルで親しんでいたつもりでしたが、そこは所詮独学レベル...。レッスンでは、今まで知ることもなかった様々な機能、知識を新たに学び、実践として初めてのバナー作成に挑みました

バナーの全体的なバランス、色の配色、フォント選び、文字詰めなどバナー作りの基礎についてたくさんのアドバイスを頂き、今後のWEBデザイン制作にとって、一生の宝となるだろう知識を、勉強を初めわずか2週間ほどで手に入れるというテンポの良さにはビックリでした。

レッスンを重ねるごとに制作意欲もさらに向上し、独学では得られないものを得ている感覚を初期段階で味わいました。

コース中盤では、写真の切り抜きや加工、レイヤースタイルやパターンの参考を学び、それらの参考を活用したバナー制作に挑戦しました。ここでは、参考となるレイアウトとテイストを選び出すところに時間が取られてしまい、とても苦戦しました。

しかし、講師の方からの明確なアドバイスを頂き実践すると、一転制作にかかる時間が大幅に短縮され、とても効率良く作業が出来たんです。

まず何を伝えたいバナーなのか、そしてその伝えたいものを明確にし、バナー上でそれらを表現できるレイアウトとテイストの選び方のコツなどを教えて頂きました。さすが、プロ!と実感しました。

そして、終盤戦ではHTML,Dreamweaver,CSS の基礎を学び、いよいよWEBサイト作成へと進みました。これまで学んできた全ての知識、スキルを出し切りました。

自分なりには、自信があったつもりの作品でしたが、講師の方からのフォローアップを受けてみると、自分では全く気付けなかったことを指摘され、「なるほど~」の一言でした

主に、複数ある画像のトーン違いによる見づらさ、全体のバランスの偏り、個々のバナーのクオリティーの低さ、テイスト選びの誤差等でした。

その指摘部分をフォローレッスン後に訂正してみると、サイトのクオリティーが一気に変わり、本当に驚きました。講師の方々からの的確なアドバイスをオンタイムで頂き、すぐに反映が出来る、こんな勉強環境にとても感激しました。

どうやって仕事に結びつける?

さて、ではどうやってこの新しく身に付けたスキルを将来の仕事に結びつけて行くのでしょうか?
そこで、WEBデザイナーとして就職・転職する上で欠かせないものとなるのがポートフォリオです。

そうなんですよ、ポートフォリオ無しでは未経験から採用してもらえません。自分の今までの実績やスキルをどれだけアピール出来るかがキーになってくると思います。

ということで、まずはこのポートフォリオ作成に時間を費やしましょう!そこで私がお勧めするのは、インターンという道です。WEBデザイン系の企業にインターンとして、現役デザイナーのもとで実績がつめるというとても効率がいいものなんです。

近頃では、インターンは学生だけではなく、社会人でも受け入れてくれる企業も出てきているようですね。インターンとしてリアルWEBデザイン環境のもと、日々デザインを学べれば、そこで得た知識とスキルを、また新たな自分の作品に落とし込むことが出来ますよね。こうして自分のポートフォリオクオリティを上げていけたら最高ですね!

そして、満足のいくポートフォリオが完成すれば後は、

インターン先の企業であれ、他企業であれ自信を持って就職・転職へ進むべく面接へ挑むことが出来ますね。もしフリーランスという選択肢をお考えの場合は、このポートフォリオをもとにクラウドソーシング等を利用し、仕事の受注に結び付けることが可能になることと思います。

そして現在私は、次なるステップに繋げるべくポートフォリオ制作の真っ最中です!
「そうだ、WEBデザイナ―になろう!」と思い立ったのが昨年末のことでした。

日本デザインのオンライン入門編講座を受講し、写真編集、バナー制作、WEBサイト制作と、とてもいいテンポで新たなスキルを身に付けて来ました。走り抜いた怒涛の45日間!まさか、自分がこの短さでWEBサイトのデザインが作れるとは、「I Can’t Believe It!」の一言です。というのが今の率直な感想です。


2週間ほどで、このようなバナーが作れちゃうんですよ~。

まとめ

「WEBデザイナ―になりたい」と検索したあの日からわずか2か月半、自分でもこの短い間にここまで、これたことが本当にビックリです。もちろん時間に無理はしていません。

おてんば2歳児を抱える母の身、今は育児そして家庭の事が大優先です。睡眠もたくさん取っていますよ。それでも育児中主婦の限られた時間内で、自分で満足のいくスタートをきることができました。独学で勉強をスタートしていたら2か月で決してここまで来ることは出来なかったでしょうね

WEBデザイナーへの道はまだ始まったばかりですが、このテンポで学び続け、実績を重ね、近い将来、このWEBデザイナーに仕事を依頼したいと、思われるようなWEBデザイナーになるぞっ、という気合と共に前へ進んで行きたいと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。好きなことを仕事に!して行きましょうね~。

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

ABOUTこの記事をかいた人

地味な人生からの大逆転劇!私が好きなことを仕事にするまで...
株式会社日本デザイン WEBディレクター・WEBデザイナー・動画クリエイター
20歳WEBデザイン業界を目指すが、未経験のため15社を一次審査で落ちプチ鬱に
22歳 雑誌の編集部になんとか受かるが、過酷すぎて耐えられず早々に辞める
24歳WEB業界に転身。念願のWEBデザインの仕事に就くがセンスがなく惨敗
26歳 大坪拓摩と出会い、根性だけを認められアシスタントという形で雇われる
それから4年間、理論やルールに基いたセールスデザインを大坪に叩き込まれ、デザイン力が奇跡のように向上!紹介のみで仕事が埋まる売れっ子デザイナーとなり、動画制作・YouTubeプロデュースなどクリエイティブな仕事を幅広く請け負う
2015年10月、自身のこれまでの経験(もともとのセンスのなさも!)を活かして「現役デザイナーが教える」「センスはいらない」というコンセプトで日本デザインスクールを設立。現役としても活動を続けながら全国400名以上の生徒を45日という超短期間でプロのWEBデザイナーに育てる。座右の銘はミッキーの「夢は必ず叶う!」