【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】徹底解説第3弾!

こんにちは!WEBデザイナーとしてだけでなく、WEBライターとしても成長中の、日本デザインインターン生のオースキーこと大薄です。

さて、第一回目は日本デザインのWEBディレクター久保さん、そして第二回目には日本デザインのWEBデザイナー加藤さんに、インタビューをしてWEBデザイナーのリアルなWEB事情をたくさん聞くことができました。

お二人のWEBデザイナーになるまでの大変だった事や嬉しかった経験のお話を聞いていると、自分も早くWEBデザイナーとして活躍したいと言う意欲が、込み上げてきて凄くワクワクした気持ちになりました。

↓そんなお二人にインタビューした【第1弾】【第2弾】はこちら!

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】WEBデザインを徹底解説

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】徹底解説第2弾!

そして、いよいよ「日本デザインへ突撃インタビューした!」の最終回です。

今回もまた別の現役WEBデザイナーさんにお話を聞く事ができ、また違った意見や気づきがありました。

「WEBデザイナーになるにはスキルは必要?」

「WEBデザイナーって稼げるの?」

「具体的にどんなお仕事をしている?」

そういった疑問を持つあなたに是非読んで欲しいです。
特にお給料事情なんかは、すごく気になる情報ですよね。

なので、今回もインタビューで聞けたお話をみなさんとシェアしていけたら良いなと思っています。

この記事が、あなたのキャリアアップやお仕事探しのきっかけになれば幸いです。

 

①WEBデザイナーにインタビューしてみた!

さて、これまではWEBデザイナー加藤さんとWEBディレクター久保さんにインタビューをしてきました。

数々の貴重なお話を聞いて意外な事実だったり、WEBデザイナーとして大変だった経験や嬉しかった出来事を聞く事ができました。

何度も納得した部分や気づかされた意見があり、自分自身WEBデザイナーと言う道に進む上で貴重な参考となりました。

↓そもそも、なぜインタビューをする事になったのかまだ知らない方は【第1弾】【第2弾】を是非見てくださいね。

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】WEBデザインを徹底解説

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】徹底解説第2弾!

今回も引き続き現役WEBデザイナーさんにリアルなWEBデザイナーの実情を知る為、私のインターン先である日本デザインにお邪魔しています。

そして、お話を聞けたのは日本デザインの現役凄腕WEBデザイナーのカタディさんこと、潟田 紀明さんです!

カタディさんは日本デザインに入社してすぐにLP制作を一任され、今やデザインスクールのLP制作に特化した講師でもあります。

そもそも、未経験から始めた人で、LP制作をいきなり任される事なんてほとんどありません。
まさに凄腕WEBデザイナーですね。

久保さん、加藤さん同様、カタディさんにも、デザイナーを目指す人なら気になる10の質問に答えてもらえたのでご紹介します。

★WEBデザイナー潟田 紀明さんに聞いた10の質問

1.WEBデザイナーになったきっかけは?

A.元々、ブランドのロゴを見たり考えたりするのが好きで、そこからデザイナーってどんな仕事があるんだろうと思いネットで調べてみたんです。

そしたら、その1つとしてWEBデザイナーがあったので、HPとかのデザインをするのが面白そうと感じ、WEBデザイナーになろうかなと思い始めました。

 

2.具体的な仕事内容は?

A.今はLPとか、バナーとか、ワードプレスを使ったHPのデザインってのもやってますね。
LPは大体1ヶ月に最低1本は作ってるかなって感じですかね。

現在進行しているのは、ワードプレスを使ったWEBサイトのデザインをしています。

バナーとかは最初の頃はやってたんですけど、今はもう経験を積んだのでほとんどやってないですね。

 

3.WEBデザイナーとして大変だった経験は?

A.日本デザインだとLPって大体2〜3日で1本作らないといけないんですけど、入った当初は2週間もかかかっていたので、夜遅くまでやった事とかありました。

2週間かけて作ったけど結果、微妙なものしか作れなかったっていう大変だった経験はありましたね。

 

4.WEBデザイナーとして嬉しかった経験は?

A.やっぱり自分がデザインしたものが実際に使われて集客する時に、実際にお客様が集まったりとか、目に見える成果がでた時ですね。

それが、また作ろう!と言う次のモチベーションに繋がりました。

 

5.未経験からでも始められるか?

A.やり方さえ覚えればスキルとかいらないと思います。

現に自分はスキルが他の人よりも飛び出ていた訳でもないので、本当にやり方一つ一つ学んでいってそれを実務で生かせれば、3ヶ月前はパソコンさえいじった事が無かった人でもできると思いますよ。

 

6.身につく事やステップアップは?

A.自分の先輩社員は人に教えられるデザイナーなので、例えば自分なりのデザインを作ったとしても「これはこうした方が制約できるよ」と、的確なアドバイスを頂けるので、自分自身もすごい成長を感じられますね。

あと、ここの会社はWEBデザインだけでなく、お客様のプロモーションもしていて、デザイン以外にも色んな事を学べるので、働く幅が増えて自分にとってはこの上ない環境だと思いますね。

 

7.基本的な一日のスケジュールは?

A.インターン生の作品を添削したりだとか、すぐ終わる作業は大体午前中だとかに終わらせます。

自分の中で時間のかかるLPなどは、お昼食べて気合いを入れて作ったりしてる感じですね。
重いのは基本的に午後やっています。朝はちょっと眠いので(笑)

 

8.気になる収入は?

A.WEBデザイナーって求人とかで見た事あると思うんですけど、大体は時給1000円前後から始まるところが多いと思います。

そこから正社員になったら基本給とかが変わってくと思うんですけど、ただ自分の頑張り次第で上限は決められるかなって感じですかね。

逆に頑張らなかったら、他のアルバイトと変わらない給料ですし、頑張ればタワーマンションに住めたりするのも不可能ではないと思いますよ。

 

9.現在の職場環境はどんな感じですか?

A.他の会社と比べると、仕事が細分化されていない分やれる事が多いですね。

例えば、人数が多いところは仕事が細分化されているので、バナー作る人だけならそれだけを1日やったりだとか、コーディングするだけとか、仕事の経験を積んでいかないといけないんですよ。

でも、自分はLPとかここに入った当日から始まりました。
これってデザイナーとして1年や2年経験を積まないとやれない仕事だと思うんですよ。

なのでここはステップアップのスピードが早いのと、自分の腕次第で仕事の幅も増やせるところですね。

 

10.デザインの仕事をする上での心得や覚悟を教えて下さい!

A.そんな重いのは特にいらないですよ(笑)

ただ、他の職業に比べて自由度が高いので、自分でどうなりたいのかを明確に持つ事が大事ですね。

フリーランスになりたいとかでも良いですし、月収何十万稼ぎたいとかでも良いと思うので、そういった目標があればそこから逆算して今後どう動くべきか分かると思うので自分でストーリーを決めていく事が大事です。

②まとめ

さて、今回は現役WEBデザイナーのカタディさんに質問したインタビュー内容をシェアしましたが、いかがだったでしょうか?

カタディさんは元々日本デザインスクールの卒業生で、自分と同じく未経験からWEBデザインを学び始めた先輩です。

そこから今や凄腕WEBデザイナーとして活躍しているので、同じように未経験からWEBデザインを学んでいるスクール生の憧れ的存在でもあります。

そんなカタディさんのWEBデザイナーとして活躍している一面をみて、スクール生でもある自分に近い距離のお話な気がして、今後どのようなWEBデザイナーとして働きたいか考えるきっかけとなりました。

この記事を読んでWEBデザイナーの具体的な仕事内容や、現役WEBデザイナーの実情を知り、少しはあなたの今後の活動をお手伝いできたでしょうか?

そして、今回でインタビューは以上となります。

初めてのインタビューでガチガチでしたが、WEBデザイン会社の雰囲気や活動内容を知り、同じようにWEBデザイナーに興味を持ち、気になっているあなたにシェアできてすごく嬉しく思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう!

↓過去の【第1弾】【第2弾】のインタビューはこちらから

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】WEBデザインを徹底解説

【現役デザイナーが語る仕事のリアル事情】徹底解説第2弾!

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です